個別学習


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

個別学習

個々人が学習を進めていく。
学習者虎児の特性を重視することで、より適切な学習を行うことが出来る。
しかし、教育者側からみると労力や時間がかかる為、非効率な場合がある。

自己学習
自分に対する観察、問題分析と問題解決、計画、評価をすべて自分で繰り返し行う。

個別栄養相談、栄養カウンセリング
教育者と学習者が1対1の面接方式で対応。
学習者の食行動変容に対してきめ細かな援助を行い、学習者が自己の問題を認識し、自ら問題解決を行っていけるように導く。
学習者から具体的な状況を聞くことができ、問題点などを明確にできるなど、個人個人の実状に応じたきめ細かい教育が可能で、効果的。
しかし教育者にとって集団教育よりも時間と労力がかかり、カウンセリング技法が必要となる。

通信教育(双方向通信)
ある教育計画に基づいた教材などを学習者に送付し、質疑応答、添削指導などを双方向の通信手段(郵送、FAX、E-mailなど)を用いて教育を行う。
遠隔地域に住んでいるなどの諸事情により、直接対面出来ない場合に利用される。
時間と場所を特定しないため、学習者の都合で学習を進めることが出来る。

インターネット(webサイト)の活用
インターネットは近年急速に拡大しており、栄養教育における教育形態の1つとして、教育媒体として活用できるものが増えている。
webサイトは文章のみではなく、画像、音声、動画など多くの情報を提供することができ、関連ホームページへのリンクも用意である。
通信教育と同様、時間と場所を特定しないため、学習者の都合で学習を進めることが出来る。
サイト上の情報は科学的根拠における信頼性が低いものがある為、正確な判断が必要である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。