公衆栄養学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公衆栄養学

公衆栄養学
出題:20問


教育目標

地域や職域等の健康・栄養問題とそれを取り巻く自然、社会、経済、文化的要因に関する情報を収集・分析し、それらを総合的に評価・判定する能力を養う。また、保健・医療・福祉・介護システムの中で、栄養上のハイリスク集団の特定とともにあらゆる健康・栄養状態の者に対し適切な栄養関連サービスを提供するプログラムの作成・実施・評価の総合的なマネジメントに必要な理論と方法を修得する。
さらに各種サービスやプログラムの調整、人的資源など社会的資源の活用、栄養情報の管理、コミュニケーションの管理などの仕組みについて理解する。

出題の狙い

「公衆栄養学」では、集団の栄養問題あるいはニーズを把握し、適切な公衆栄養プログラムを計画・実施・モニタリング・評価・フィードバックするための知識と技能を問う構成としている。
第一に、公衆栄養マネジメントの概念、既存の理論的枠組み・コミュニケーション理論を理解し、それらを使って公衆栄養マネジメントの枠組みを組み立てることができるかを問う。
第二に、公衆栄養プログラムの計画策定・実施する手法や技能を問うと共に、具体的な公衆栄養プログラムについての理解を問う。
第三に、公衆栄養学の基本となる、栄養疫学では、食事摂取量の測定方法、特に食事調査法を重視して出題する。
さらに栄養疫学的アセスメントを理解している、栄養問題と健康問題の把握方法を理解し、それらを公衆栄養プログラムの策定に際して具体的に活用できるかを問う。第四に、公衆栄養プログラムを評価するための指標、情報収集の方法、目標達成状況の検証方法を理解し、それらを活用できるかを問う。
さらに、わが国および諸外国の健康・栄養問題の現状、課題及びそれらに対応した栄養政策についての理解、食事摂取基準(DRIs)の概念及び活用の理解、「日本人の栄養所要量(食事摂取基準)」の概略については、「公衆栄養学」において問うこととする。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。