編修副委員長の仕事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概論

2人体制で、雑務を引き受けます。

  • 部門役員会の編修担当役員(2年任期)

1年目の副委員長

  • 編修委員会の議事録作成が1番大きな仕事です
  • 仕事の進め方を学んでください
  • 年度最終開催の委員会までに次期編修委員長内定者と連絡をとって翌年度の開催日を決定し、事務局に依頼して開催場所を確保します。

2年目の副委員長

  • (委員会の約1ヶ月前)議案を整理して開催案内を出し、出欠をとり、各担当に資料作成を促す。
    • 欠席者にPDF版をメール送信するので、電子的に資料を入手すべし。
  • 編修委員会の開催資料をとりまとめ、出席人数分印刷しておく。
  • 編修委員会の進行をケアする(司会は委員長)
  • 終了後に1週間以内をめどに議事録を受け取って、議事録とともに配付資料のPDF版をメーリングリストで流す。(事務局が議事録案を必要としている。編修委員会メーリングリストを用いれば事務局も受け取ることができる)