※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

治療の神 ディアンケト



治療の神ディアンケトとは、
自分のライフポイントを1000ポイント回復する通常魔法である。

《治療(ちりょう)の神(かみ) ディアン・ケト/Dian Keto the Cure Master》 †

通常魔法
自分は1000ライフポイント回復する。



1000ライフポイントの回復を図れるという極めて強力な効果を持ち、
《モウヤンのカレー》(例外あり)
《ブルー・ポーション》
《レッド・ポーション》
《ゴブリンの秘薬》
《天使の生き血》
《恵みの雨》(例外あり)
と、実に6枚ものカードの上位互換である優秀なカードである。



▼実線使用例

■ライフポイントが1000未満の時に《裁きの龍》をドロー
この場合、ディアンケトを使用する事で
裁きの龍の発動コストを確保し、発動できる。
結果、ディアンケト=ブラックホール&大嵐という
禁止カードを2枚消費する豪華なプレイングを
このカード1枚で代用する事が出来る。


■ライフポイントが2000未満1001以上の時に《終焉の王デミス》を召喚
同上


■ビートダウン型の1キル系デッキメタ
1ターンで決着をつけようとするデッキは
8000ダメージを目標に展開する事が多く(例:デミスボンバー【現在は消滅】、シーラカンスシンクロ、旧六武衆等)
先行のターンにディアンケトを使う事により、
相手の計算を大きく狂わせる事が出来る。

遊戯王というゲームで、『1ターン』というものは
とてつもなく貴重なモノであり、
削りきれずに大量のモンスターを残したままターンを終了を宣言した時には
返しにブラックホール、ライトニングボルテックス等を発動する事で、相手が展開したモンスターを一掃する事が可能であり、
ワンターンキルに全てを費やした相手は息を吹き返す事も困難だろう



このように、様々な場面での活躍が期待でき、
極めて多種類のデッキとシナジーするという
凄まじい汎用性を持つカードである。

また、イラストからのファンも多く、
現在遊戯王史上もっとも需要が高いカードと噂されているという。