3章:意志が示す道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ティナは オニオンナイトと共に歩みを進め やがて 南の地へと辿りつく 深き雪原を前にして 自らの力に対する疑問は つのるばかりだった――』



<イベント>
オニオンナイト: 何か心配事?
ティナ: 風が やんだの 敵の動きも みんなの気配も 感じとれなくなった こんなこと初めてで でも大丈夫だから 私のことは――
オニオンナイト: 守るから
ティナ: え?
オニオンナイト: ティナのことは僕が守る 約束するから どうかした?
ティナ: ううん いつのまに そんなに騎士らしくなったの? ちょっと前までは もっと生意気だったのに
オニオンナイト: やっぱり 覚えてない?
ティナ: え?
オニオンナイト: いや ならいいんだ ほら 先を急ごう
ティナ: “なぜだろう 目覚めて以来 大事なことを 忘れてしまっている気がする けど それが何なのか どうしても思い出せない なぜ 眠っていたのかすらも”
オニオンナイト: ティナ 置いていくよ
ティナ: あ―― うん “でも いつか取り戻せるはず そうすればきっと クリスタルへの道だって――”



『魔導の力を宿した少女 ティナ ひとときの眠りから目覚めた彼女に 少年は多くを語ろうとしなかった 真実は いまだ眠りについている ティナの身に宿る 強大な魔導の力とともに――』



<悲しき雪のひずみ>
ティナ: 眠ってた間のこと―― あなたも何か思い出したら 教えて?
オニオンナイト: ……うん わかったよ 僕も手伝うから 一緒に進もう


[オニオンナイトに話しかける]
オニオンナイト: 戦う感覚 つかめてきた? それなら先へ進もう



<イベント>
ティナ: さっきはありがとう
オニオンナイト: え?
ティナ: 私のこと 励ましてくれたでしょ 本当はね 少し怖かったの みんな がんばっているのに 私だけ何もできていないから まっすぐ進めない自分がもどかしくて クリスタルを手に入れたら 私も変わるのかな
オニオンナイト: そうじゃない 変わったから 手に入ったんだ ある人が教えてくれたんだ 『クリスタルは決意の先に輝く』って だからティナも 自分のいちばん強い気持ちに従えばいいんだよ
ティナ: いちばん強い気持ち? まだ わからないかも
オニオンナイト: ティナ――
ティナ: でも やってみる あなたみたいに 私も 望みを捨てないで 進み続けていれば きっと
オニオンナイト: ティナなら絶対見つけられるよ 僕の予想は よく当たるんだ
ティナ: 頼りにしてる



<フィールド>
オニオンナイト: このあたりは はじめて来る場所だよね しっかり探索しながら 進んでいこう 焦らなくても大丈夫 落ち着いて前へ進もう
ティナ: うん わかった それじゃ……行こう


[オニオンナイトに話しかける]
オニオンナイト: ティナ 足もとに気をつけて 雪が凍って 滑るかもしれないよ
ティナ: ……
オニオンナイト: ――ティナ? どうしたの? 具合でも悪い?
ティナ: あ ごめんなさい ……なんでもないの 雪を見てたらね なんだか 懐かしい気持ちになっただけ

オニオンナイト: むこうに 聖域が見えるよ 早くクリスタルを持って帰らないとね



<凍れる大地のひずみ>
オニオンナイト: どうしたの? ティナ 僕の顔に 何かついてる?
ティナ: ……ううん りりしくなったなって 思ってたの
オニオンナイト: な 何言ってるんだよ! ほら 早く行こう!


[オニオンナイトに話しかける]
オニオンナイト: 戦う前には 敵の装備を確認するんだよ どんな相手かわかれば 落ち着いて戦える



<イベント>
ケフカ: いいものを見せてもらいました さすがは僕のお友達 見事な壊しっぷり
ティナ: ケフカ 何をたくらんでいるの?
ケフカ: 力を確かめに来たんだ やっぱりおまえはカオスに仕えた方が心地いいんじゃない?
ティナ: どういう意味?
ケフカ: おやおや 何も覚えていない なら 教えてあげましょう おまえは その力で大事な仲間を――
オニオンナイト: やめろ!
ケフカ: あれれ? 傷つけられた本人が 何言ってんの? 美しき友情なんて―― やめて ウザったらしくて 反吐が出る
ティナ: それは どういうこと? まさか――
ケフカ: ピンポーン その ま さ か おまえはそこにいる仲間を ギタギタに痛めつけたんだ あんなに楽しそうだったのに 忘れるなよ まったく危険な存在ですねえ 戦えば戦うほど 自分で力を抑えきれなくなる 力が心を超えて暴走する 破壊の化身めが
ティナ: 嘘っ――
ケフカ: 嘘っ―― じゃないよ ほーら 敵はここにもいる どうした? 破壊の力 もっと見せちゃいなよ 敵も味方も世界も ぼくちんと一緒に ゼーンブ壊そう ぶっ壊そう
ティナ: 私――
ケフカ: 何を?
オニオンナイト: 僕が相手をしてやる ティナは逃げて
ティナ: でも――
ケフカ: 黙っていれば こんのー!
ティナ: そんな どこに行ったの? 探しに行かなきゃ でも――


ケフカ: ちくしょう…… ちくしょう…… ちくしょう ちくしょう ちくしょう ちくしょう ちくしょう ちくしょう ちく ちく ちく ちく ちく ちく ちく ちく ちく ちく ちっっっっくしょーーーー!! せっかく うまくいきそうだったのに! いつも いつも いっっつも 邪魔しやがって!!
オニオンナイト: ……おまえこそ 何が目的だ! なぜティナに まとわりつく?
ケフカ: はぁ? 正義の味方のつもりですか~? ったく前回も今回もおんなじような奴ばっかり
オニオンナイト: ……前回?



<フィールド>
ティナ: あの子 私が何をしたか知ってて それでも 励ましてくれてたんだ…… 立ち止まったら だめ あの子みたいに 私も進まなきゃ



<孤独と裏切りのひずみ>
ティナ: まだ 力の加減がつかめない…… ここで練習したら 慣れてくるかな



<溶けかけた雪のひずみ>
ティナ: あの子とケフカは―― ここにも いないのね ひとりでも 戦わなきゃ あの子を 助けに行くんだから でも…… なんだか 胸がざわつく……



<イベント>
ティナ: なんとか倒せた―― けど
ケフカ: “あんなに楽しそうだったのに 力が心を超えて暴走する 破壊の化身めが”
ティナ: 私は破壊を望んでなんか―― これは!? “体が 熱い!力が抑えきれない? このままじゃ――” あなたは―― ダメ すぐ逃げて! どうして?やめて!


<対 クラウド戦>
クラウド: 行くぞ ティナ
ティナ: 傷つけたく ないのに……!


<イベント>
クラウド: 大丈夫か?
ティナ: どうして逃げなかったの?
クラウド: 苦しそうなあんたを 放っては行けない かといって 他に方法も見つからなかった
ティナ: もしかして―― 私の力を落ち着かせるために 戦ってくれたの?
クラウド: 悪かったな 先に言うべきだった だが まさかここまでとはな 素直に逃げるべきだったかもな
ティナ: ありがとう
クラウド: 礼を言われる資格はない あんたを救える確証はなかった 本当は どうすればいいのか迷っていた
ティナ: でも 助けられたのは本当のことだから その気持ちだけは伝えたかったの
クラウド: 迷いがあっても できることはあるか
ティナ: どうかした?
クラウド: いや ここに来る前のことを 思い出しただけだ―― それより あいつはどうした? もうひとりと一緒じゃなかったのか?
ティナ: それが――

クラウド: 事情はわかった 手伝おう
ティナ: いいの?
クラウド: 気づかせてくれた礼だ 迷う俺でも誰かを救える とな



<フィールド>
クラウド: ここから少し北に行ったところに 道を塞いでいない ひずみがある 敵が身を隠すには ちょうどいい場所かもな
ティナ: ケフカもあの子も そこにいるかもしれない クラウド 行ってみよう――


[クラウドに話しかける]
クラウド: ……どうした
ティナ: クラウドは私に会うまで ずっとひとりでいたの?
クラウド: いや フリオニールたちと一緒だった 目的を果たすために 一度別れたが たぶんあいつらもこっちに向かっている
ティナ: よかった みんな一緒なら安心だね 私たちも早く あの子を探そう

クラウド: もうひとつ ひずみを越えなきゃならない 準備ができたら 行くぞ



<リュカーンのひずみ>
ティナ: ここの敵なら…… 倒しても 誰も傷つかないよね



[クラウドに話しかける]
クラウド: あんたの不安な気持ちはわかる 俺だって同じ だったからな――



<隠された意思へのひずみ>
クラウド: しかし……わからないな なぜ あんたがケフカに狙われた?
ティナ: さっきみたいに 暴走する力を ――破壊の力を 持っているから 『破壊の化身』としての私を 求めているんだと思う……


[クラウドに話しかける]
クラウド: 考え過ぎても 仕方ないことだってある ……そんなことを言えた立場じゃないけどな



<イベント>
クラウド: どうした?
ティナ: 力が怖いの 助けに行きたいのに また力が 抑えられなくなったらって思うと
クラウド: 誰にでも迷いはある がむしゃらに進める奴なんて ごく一部だ
ティナ: それは?
クラウド: フリオニールの『夢』だ
ティナ: 夢?
クラウド: 『のばらの咲く世界』 それが あいつの願いらしい あいつは―― 『夢があるから あきらめずに戦える』 と言った あの潔さは たまにうらやましくもなる
ティナ: まっすぐで すてきだね クラウドには どんな夢があるの?
クラウド: 俺は なくしたんだ
ティナ: え?
クラウド: そういうあんたは どうなんだ?
ティナ: 私も わからない 本当の意味での未来って 考えたことなかった 先のことなんて ずっと怖いだけのものだったから けど 今は―― ねえ 同じ夢を見るのはどうかな
クラウド: 同じ? のばらの咲く世界か?
ティナ: うん でもそこには のばらだけじゃない きっと いろんな花が咲いているんだと思う 私の好きな花も あの子の好きな花も 夢の話を聞いて 私 初めて思ったの 恐れるだけじゃない 未来を―― そんな世界を みんなと一緒に見てみたいって この想いがあれば きっと 迷うことはあっても 心は揺るがないはず あなたの好きな花だって きっとそこに――
クラウド: そう簡単に叶う夢じゃない だが 悪くないな そのためにも まず――
ティナ: 探しに行こう


ゴルベーザ: ……悩んでいるようだな
オニオンナイト: ゴルベーザ……!
ゴルベーザ: 記憶なき時間の存在を 不安に思うか しかし…… おまえは少女を守ると誓ったのだろう? 手にしたクリスタルは 間違いなくおまえのもの ……記憶などなくとも 意思の強さは変わらぬ
オニオンナイト: 僕は……



<フィールド>
ティナ: むこうのひずみから 強い気配を感じる きっと ケフカだわ
クラウド: さっきのひずみでも暴れてきたからな 俺たちが近くにいることに気付いてるだろう 準備を怠るな ティナ あいつを助けてやるんだろ?


[クラウドに話しかける]
クラウド: 外をうろついているイミテーションたちは 自分のなわばりを持ってる 無駄な戦いを避けたいなら 奴らの動きを冷静に見極めるんだ
ティナ: 冷静に……? なんだか 難しそう 私でも できるかな
クラウド: ――簡単だ 少し離れて 相手をじっと見ていればいい
ティナ: うん ありがとう クラウド できるだけ やってみるね

クラウド: 話ならあとでもできる 今は あいつを探そう



<クレセントレイクのひずみ>
ティナ: 感じる……ここにいる この気配は間違いなく ケフカ――
クラウド: ……大丈夫か?
ティナ: うん もう怖くないから それに 私を守ってくれたあの子を 今度は私が 助けたいから


[クラウドに話しかける]
クラウド: あんたの思うように進めばいい 危なくなったら ちゃんと助ける



<イベント>
ケフカ: 迎えに来たよ おやおや 今度は別の獲物も一緒かい?
ティナ: ケフカ 彼をどこにやったの?
ケフカ: あんなクズなど 放っとけ それよりどう? 僕と一緒に破壊を楽しむ決心はついた?
ティナ: 私は あなたとは違う
ケフカ: 無理無理 偉そうなこと言っても どうせ力に溺れ 誰かを傷つけるに決まってる
ティナ: 見つけたの 守りたい未来を どんな力にのみこまれようと 私は もう何も見失わない
ケフカ: フーン だったら――
暗闇の雲: すべてを破壊するまで
ティナ: クラウド!
暗闇の雲: さあ どうする? 二人とも わしらの力に溺れるか? それとも――
オニオンナイト: 乗り越えてやるさ 三人で!
ティナ: 無事だったのね
オニオンナイト: 守るって言ったでしょ さあ このしつこい相手は 僕たちにまかせて
ティナ: うん 私は――
ケフカ: 力に溺れて心が壊れちゃえば もっといいオモチャになれたのに
ティナ: なんて人
ケフカ: けど もういいよ 誰も壊せない臆病者は 僕に楽しく壊されちゃいな



<イベント>
ケフカ: あ~そびましょ~ 踊れ!踊れ! 狂宴の始まり~ おしまい? ツマンナーイ
ティナ: このままじゃ みんなの希望が――
ケフカ: そんなもん カスだ ぼくちんがゼーンブ ブッ壊してあげるよ
ティナ: あなただけは 許さない


<対 ケフカ戦>
ケフカ: 良いお人形だったのにさ!
ティナ: 破壊なんて させない!


<イベント>
ケフカ: おぼえてろよ
オニオンナイト: ティナ!
クラウド: 無事か
ティナ: みんな よかった これは―― 私の……力?
オニオンナイト: 言ったでしょ ティナなら絶対 見つけられるって
ティナ: ありがとう
クラウド: だが 休んでる暇はない 他の連中は旅を続けているはずだ
ティナ: うん 戦いはこれから みんな 行こう “夢なんて ほんのささいなことでもいい それだけで人は 強くなれる その強さは また必ず―― 新しい夢へと つながっていくから”



<エピローグ>
『力を持つが故 踏み出すことを恐れていた少女 仲間との出会いは 未来への想いを生み その想いは クリスタルへと変わった 志をともにする仲間のもとへ 三人は旅立つ 新たな夢を目指し 信じる未来をつないでいくために』
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。