※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

比村矢 業 (ひむらや かるま)

  • 性別:女
  • 胸:巨乳
  • 学年:1年
  • 所持武器:虎の学生証
  • 出身校:妃芽薗 評価点数300+200=500
  • 固有技能:絆『虎 ~山乃端一人~
  • 攻撃力:1 防御力:1 体力:4 精神力:4 FS「虎との絆 」20

特殊能力『虎とあなたの物語』 発動率:92% 成功率:100%

効果1: 味方リザーバー召喚
タイプ: 召喚型
範囲+対象: 隣接2マス
時間: 1ターン

効果2:発動率6%上昇
タイプ: 付与型
範囲+対象: 隣接2マス
時間: 1ターン

効果3: 味方特殊能力強制試行
タイプ: 瞬間型
範囲+対象: 隣接2マス
時間: 1ターン

非消費制約1: FSが20の味方にのみ有効
非消費制約2: 貧乳のみに有効
非消費制約3: 味方1年生にのみ有効
消費制約: 永続戦線離脱

調整:壁貫通


<補足>
効果が3つありますが、起こることはシンプルです。
隣接2マス内にリザーバーを召喚し、発動率を6%上昇させた上で、特殊能力を発動させます。
壁貫通付きです。

なお、制約が戦線離脱で効果1、効果2に死亡非解除がついていませんが、
効果3の特殊能力強制発動の間までは、召喚と発動率上昇が持続します。
ルールガイドライン討論スレ>>315でENTさんに確認済みです。

<能力原理>

業が虎と出会ったときに虎が抱いていた学生証。
それは業にとって、決して忘れられない大切な思い出の品である。
業が虎の学生証に口づけすると、時間と空間を飛び越え、美少女として生まれ変わった虎が召喚される。
召喚したた虎の能力を業が解放し、狙い打つ相手へと確実に襲いかからせる。
能力使用後、業は虎とふもふもしに別次元へ行く。

なお、この能力は本来、業がイメージできればどんな魔人であっても召喚できる能力となるはずであったが、今の業には虎しか見えていないため、現在はせいぜい虎と同様のプロフィールを持ったキャラしか召喚できなくなっている。
ただし固い絆で結ばれた虎と業との相性は抜群な上、本人達がお互いしか見えていないため、さしたる問題ではないようだ。

キャラクターの説明

小柄で巨乳、黒髪でショートカットの少女。
ちょっとおどおどしたところがあるが、芯は強く、自分の意志は決して曲げない強さを持った性格。
元々は何の能力も持たないほぼ普通の人間の女の子だったが、将来とてつもない魔人になる可能性を秘めていると告げられ、新設の妃芽薗学園に入学。持ち前の心の強さで学園の中でも何とかやっていたが、日ごとに強さを増す学園の異様な雰囲気と周囲の人間達の変化に、やがて大きな不安と疎外感を覚えていくことになる。

だがある真夜中の日、学園の密林に忍び込んでいた虎と運命的な出会いを果たしたことが業の運命を一変させる。
全身を血と吐瀉物まみれにさせた虎の異様な姿に始めは怯えるも、生来の人の良さから虎を見捨てることができず、介抱を行う。
虎と触れ合う内、虎の中に秘められた寂しさ、優しさに気づいていった業は虎との絆を日に日に深めていった。
あと、虎の持つ立派な毛並みにふもふもすると、とても気持ちが良かった虎との交流で芽生えた業に芽生えた気持ち、それは彼女ががこれまで経験したことも無い感情だった。

しかし運命はそんな二人を容赦なく引き裂いていく。
虎の異様な姿はやはり学園内でたちまち噂となり、やがて虎は--、彼女の同級生、残虐な性格を持つ猟奇殺人者、ハルマゲドンの開催を心から望む一人、覇隠 流(はがくれ りゅう)が仕掛けた『山乃端一人狩り儀式』によって、魔女化させられ、執拗に嬲られた挙句に超凄惨な死を遂げてしまったのだ。
心を通わせた虎のあまりに無残な最期をまざまざと見せ付けられ、深い悲しみと流への激しい怒りに全身を支配される業。

その時、奇跡は起こった。
業が信ずるダンゲ神が目の前に舞い降り、虎を美少女として転生させたのだった。
その時、同時に業の中にある魔人としての能力も覚醒する。
それは業が愛する虎といつでも会いにいける、そして二人の邪魔をする敵を葬ることができる、二人が望んだ力だった。

目覚めた力によって、虎と共に覇隠 流を始末した業だったが、流が望んでいたハルマゲドンは開催されることとなり、魔人に覚醒した彼女達も巻き込まれることとなってしまった。
でも、恐れることは無い。何よりも大切な虎と共に、この学園を平和に戻すために戦えるのだから……。