※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


流血少女・パッシブスキル


パッシブスキルについて


[固有技能または特性を発揮できるようになります。]
パッシブスキルは一人一つまで持つことができます。

カテゴリー:[Normal]

普通[normal](評価点数+0)

  • 従来通りのキャラクターを作りたい場合、こちらを選択してください

カテゴリー:[Expand]

ユニットの性能を拡張します

向上[progress](評価点数×5)

  • ステータス合計が35になります

無視[disregard](評価点数+0)

  • ステータス合計25
  • ZoCを無視することができます

敏捷[nimble](評価点数+100)

  • ステータス合計20
  • 移動力が3となります

高速移動[high speed](評価点数×6)

  • ステータス合計10
  • 移動力が4となります

武芸[military arts](評価点数×3)

  • 1回の動作で行われる通常攻撃の回数を2倍にします(2回通常攻撃、などの能力を作った場合、このスキルを持っているキャラクターは×2で4回通常攻撃になります。)
    • 特殊能力による通常攻撃にも適用されます
    • 単体を対象とする場合、選んだ対象とは異なる対象を攻撃することはできません

猟奇殺人[bizarre murder](評価点数+100)

  • 相手を殺す際、殺し方がより凄惨になります
    • このユニットに殺された場合、2倍の精神減少が発生します
      • 特殊能力にも適用される
    • 「効果付属:超凄惨な死」を「効果付属:凄惨な死」と同じ値で、設定することができます
      • 超凄惨な死:能力の処理中に敵キャラクターを死亡させた場合、敵陣営の精神減少が「-1」から「-3」になります
      • 猟奇殺人無しで「超凄惨な死」をつける場合は、「超凄惨な死」自体はガイドライン外の効果付属なので、精神削りとカウンターを用いて再現してください

エスパー[PK](評価点数+160)

  • ステータス合計25
  • 前半戦および3回戦目では、PKの使用不可
  • 通常攻撃の範囲が「隣接1マス」に拡張します
    • 特殊能力には適用されません
  • 同マス以外に対して通常攻撃を行う場合、特殊能力無効の影響を受けます


カテゴリー:[characterize]

ユニットに特殊なキャラ付けをします

絆[bind](評価点数+200)

作成者が同じであることは事前に公開されます。
  • 能力はガイドライン能力のみ
    • ガイドラインに無い効果や制約などは付けられない
  • サブキャラクターを作成することが出来ます
  • サブキャラクターを投稿した時点で、メインキャラクターへのあらゆる修正が認められなくなります
  • スタメンに自身のサブキャラクターが選ばれている場合、スタメンにはなれません

  • サブキャラクターについて
    • サブキャラクターは増援の対象です
    • 特殊能力でサブキャラクターを召喚したい場合は、リザーバー召喚を選んでください
    • オリジナル魔人召喚では、サブキャラクターは召喚できません
    • ステータス合計25、評価点数+100
    • 能力はガイドライン能力のみ
      • ガイドラインに無い効果や制約などは付けられない
    • シークレット不可、パッシブスキル不可
    • 発動率はガイドラインを参照した上で、自主的に計算しておいてください
      • 計算が間違っている場合は、そのサブキャラクターはゲーム的なあらゆる利用が不可能な状態となります
    • スタメンに自身のメインキャラクターが選ばれている場合、スタメンにはなれません

転校生[Deus ex machina](評価点数+800)

  • 上限を超えてステータスにいくらでも振ることができるようになります
    • 累積点数が評価点数に満たない場合、一時戦線離脱。また、ゲーム的なあらゆる利用が不可能な状態となります
  • 陣営や操作権は、それぞれの陣営に属します
  • 累積点数が評価点数を超えていれば、後半戦の4ターン目以降、マップ内のスタメン提出時に指定した位置、または増援で指定した位置に登場します
  • 獲得DPは2倍となります
  • その他、細かな仕様は転校生のページに準じる

  • 転校生の評価点数、計算式
    • 最終的な評価点数=転校生+ステータス+能力1+能力2+能力3
      • 能力が4つ以上ある場合、評価点数は∞点となります
    • (ステータスの合計-60)×50=ステータス
      • ステータスに入る値は0より小さくはならない
      • ステータスに30を振っても60を振っても、ステータスに全く振らなくても、評価点数は変わらない
      • 評価点数が上昇するのは、ステータス合計61以上から
      • 1ポイントごとに50点ずつ、評価点数は上昇していく
  • 仕様上、転校生をつけた場合の、評価点数の最小値は800となります(能力を一つも持たず、ステータス合計も60以下の場合)