38話~40話攻略

「こんなことは今まで一度もなかった…!!やりにくい…マジで!!」


東急東横線での秋山延彦とのバトルのあとに行われるVS坂本戦。
路線は東急田園都市線。
相手は世田谷線の300系を運転する坂本。

今回から、片輪走行時のフランジへの負荷がゲージとして視覚化され、より突き詰めた走行ができるようになりました!!(オレンジが下の方から徐々に赤くなり、全部赤くなったら脱輪!)

攻略ポイント

  • これといって難しいポイントはありません。片輪ドリフトも必要ありません。(むしろ、片輪ドリフトで相手の300系にぶつかると重量差で300系がふっとび300が自走不能になるので、きれいに収めたいなら片輪ドリフトは封印推奨)
  • 300系は重量が軽いため、ドリフトのレスポンスが速いです。相手のリズムに乗せられすぎるのはNG。こちらの突っ込みのタイミングを見失わないようにしましょう。
  • 天候は雨。BS7話よりも雨の描写がリアルな反面、視界がシビア

中央林間~長津田

300系が前にいる場合は水しぶきで視界が悪くなります。コーナーでカットインが入ることが多いのでうまい具合にドリフトを決めていけるとかっこいい。
須藤京一の怖い顔の直後につくし野通過→長津田のオーバーパスなので泣き別れには注意しましょう。

長津田~あざみ野

長津田を出た後にちょんとブレーキをかけてやるといいかも。もちろん突っ込んでも行けますが。次のコーナーでスムーズにドリフトの体制に入れます。江田ではコーナー出口で若干線路が離れますが泣き別れするほどではないのでそのままでおk。
ここでドリフトを駆使して300との間隔を詰めておくことが大切です。

あざみ野~梶が谷

300はカウンターアタックをさせまいと「逆ドリフト」で対抗。ブレーキングに関しては先に示したゲージを見つつ対応していきましょう。危うくなったら「ちょん」とかけてやる程度で大丈夫。
梶が谷手前のトンネルで脱線しかけるものの、トンネルの壁に助けられるイベントがあります。ここで、非常ブレーキで減速するとリアリティがあっていいかも

梶が谷~二子玉川

溝の口の構内にいくつかきついコーナーがあるのでブレーキ。
その後は適宜ドリフトしながら二子玉川まで。
ここでブラインドアタックをしかけます。

二子玉川~用賀

今回はVSトモさんの時とは違いブラインドアタック中も視界がある程度確保されてます(が、これは体験版だからかもしれない...。)二子玉川から先はドリフト操作は非推奨。ブレーキングに関してはゲージを見つつ適度なスピードを保ちトンネルへ。
用賀手前で「ドン!」

用賀~渋谷

あとはマイペースに走って行きましょう。VS小柏の上本町~難波みたいな感じで。
渋谷で150m以上差をつけてゴールです。
ちなみにトンネル内で片輪ドリフトを使おうとすると壁に弾き返されます。

とくだん難しいポイントはありません。あえてポイントを言うとするならば、「鷺沼までに300系との差をどれだけつめられるか」です。
今回からゲームエンジンがUnityとなりグラフィックがキレイになったほか片輪走行のゲージの実装など、その辺も注目しながら走行してみてください。