RS攻略(24,25話)速度対応Ver


  • ついに始まった東武編。猛者の集う東堂塾にプロジェクトDが挑む!!

「いよいよ始まったぜ…プロジェクトDの真価が問われる重要な一戦だ!!」


攻略上の注意

長い

鬼怒川温泉から浅草まで総距離140.8km。実際に特急スペーシアでも2時間かかる長距離です。
途中セーブなどもないので一度失敗すると再び鬼怒川温泉からやり直しです(ポーズで休憩は可能)。
前半は後述のとおりノッチを縛って走るので、実際の距離より長く感じるかもしれません。とはいえ無理にドリフトなどを
使って泣き別れで自走不能にならないよう気を抜かないこと。

先行している間は12ノッチまで上げない

  • 初見で同人誌読んでない方は中盤での涼介の話に戸惑うでしょう。「前半は使用するノッチ段数を縛り、手の内を隠す」作戦なので、11ノッチに到達したらブレーキングするかノッチを緩めましょう。
前半からフルノッチで走っていると相手が後半から速くなり、追いつくことが厳しくなります。(ほんのわずか程度なら問題ないが)
  • 2000系は11ノッチまで入れるとすぐに最大の12ノッチに切り替わってしまうので、10ノッチの時点でノッチオフにするとよい。二宮の50000系がケツに追突してきても気にしない。
  • ちなみに、二回目以降で2000系以外の4、5ノッチ車で挑戦した場合はフルノッチでも通常通り進行可能。

島式多し

  • コーナーの後から緩く分かれるところがあるので注意 ブレーキングでノードリフトで走るのをお勧めする

鬼怒川温泉~下今市

  • 単線区間だが、10速程度で走れば問題ない。140km/h程度で走っていればブレーキは必要ありません。
ただし速度対応モードである以上、140なんてのはとんでもない高速なので脱線します
危険を感じるのなら110km/hまで落としても問題ないので安全運転で行きましょう。
  • 基本的に12速を”使えない”状態と思えば少しは気が楽です。片輪もしないで問題なし。


下今市~北越谷

  • ここから複線区間だが、注意すべきは脱線と立ち上がり。
    • 10速前後で100~140km/hで走ること
  • スピードが乗りやすく、マスコン入れっぱなしにしてはあっという間に11速が見えてしまう。
    • カーブはどこも脱線の危険有り、140で飛ばすと半分は脱線します。 後輪ブレーキドリフトや100km/hで通過も視野に。
  • 二宮の挙動がかなりトチってる感有りだが 「何、気にすることではない」(原因はこっちが遅いせい)

北越谷~五反野直前

  • 51901Fが抜いて先行する。ここから複々線で全開走行が可能。”北越谷ホーム通過”する瞬間からライトニング入れて全開。
    • 後輪ドリフトを使う機会もあるが、前輪ドリフトするとレーンエラーで落ちる可能性を考慮すると片輪がベターか
  • 注意すべきはコーナー脱出直前に解除すると傾いて脱線する事。 しっかり車体を見て制御しよう。
  • 二宮が「まったく…どっちらけだ」と言ったあたりである程度食いついていれば「情けねぇ…」の後で曲が切り替わりカットシーンに入ります
  • 東武は内側が緩行線、外側が急行線です。片輪ドリフトを使わない場合はあらかじめ急行の停車駅を調べておくとよいでしょう。

曲切り替わり後~

  • あとは先ほどと同じように走り、鐘ヶ淵でカットシーンに入ったら複線ドリフトすれば勝利。
    • 転線して左側の線路を走っている場合、鐘ヶ淵手前の分岐器にかかる直前にドリフトをしてしまうと内側(通過線)の線路を飛び越えて車両が吹っ飛んで自走不能になる場合があるので要注意。

とにかく長いので集中力を切らさないように

その他

  • 北越谷までならそれなりに遅い速度で走っても、51901Fはついてきてくれる。
 この点を把握して、気楽にいこう。