28話~31話攻略

「社長…こいつでぶっ飛ばせるなら、答えなんてどうでもいいや…!!」


百戦錬磨の現役塾生二人の敗北を受け、本社から呼ばれたプロドライバー、舘智幸。
当初は舘に頼りきりの塾生たちを見かね、厳しい言葉を与えバトルを拒んでいたが
地下留置線に収容された東堂塾デモカー、1720系DRCを見て心を動かされるのだった。


このバトルに挑むにあたって

1.長い
  • 東武東上線を武蔵嵐山まで行って帰ってくるので、そうとう長いです。

2.難しい
  • 相手は走り屋ではなくプロです。並大抵の走りでは勝てません。使用している車両も東堂塾のデモカーです。

3.こちらの初めてが東堂塾では当たり前
  • 消えるラインなど。初めて出くわす技がたくさん。それにより集中力が途切れないようにしましょう。

4.テクニックも重要だが車両性能に頼ることも重要
  • 前作を持っていて使用可能な車両が多い場合は特に重要です。
    • ドリフト性能で不利な阪急2800系、阪神9000系、名鉄2000系、四国2000系、近鉄21000系、南海50000系などでは大苦戦、もしくはどうあがいても勝てない場合があります。阪急2000系以外の車両で挑戦する場合は、最低でも京急2100形ぐらいのドリフト性能が必要です。
    • 一応、敵車両を1720系以外の車両にすれば追いつくことも不可能ではないが…
  • 阪急2000以外を使用した場合はブラインドアタック時の前照灯の消え方が不自然になる。
    • きちんと消える車両・・・阪急2000系、阪急8200系、阪急2300系、名鉄1000系改※、東武50000系、東武200系、東武1720系DRC
    • きちんと消えない車輌・・・近鉄21000系、京阪8000系、阪急7000系、223系、京急2100形(両方)、阪急8000系、阪急2800系、四国2000系、南海50000系、名鉄2000系
※消えることは消えるがブラインドアタックから復帰する時のイベントで室内灯やライトが点かず、名古屋本線で脱線転覆したときのような状態になる
  • きちんと消えない車両は、ライト自体は消えているが、レンズフレア(ライトの輝き)だけが消えずに残ってしまう。
    • 設定でレンズフレアをオフにすればちゃんと消える。
その他車両について情報求む。


ポイント攻略

池袋~坂戸(往路)

池袋直後と複々線区間は大丈夫ですが、ときわ台、志木付近にくると、DRCが真後ろにくっついてきます。後輪ドリフトは使わないようにしましょう。和光市などでの泣き別れには注意してください。
また、川越通過後からは片輪ドリフトのみを使用しましょう。ここまで来ると坂戸での追い抜きに備えてDRCが真後ろにピタッとくっつけてくるため、車両によっては複線ドリフトすると、DRCにぶつかり脱線します。
  • 二回目以降、相手の車両を東武200系にした場合にもよく起きるので注意。

223系などドリフトが強い車両の場合、この区間であまりにドリフトを連発していると、坂戸から先でひどい目にあいます。

坂戸~武蔵嵐山(往路)

坂戸でDRCが消えるラインで仕掛けます。その後DRCが前へ。
ここからが本当のバトル。
「北坂戸通過。その先の越辺川(おっぺがわ)橋梁を渡れば、長いストレートと高速コーナーの第四セクション!」
以降は、ドリフトを駆使して食いついていけば大丈夫です。
ドリフト性能の低い車種ではここから先まったくついていけません。
あまりに性能の低い車両(阪急2800系など)では、嵐山信号所での折り返しにさえ間に合わない場合もあります。
223系を選んだ場合も、前半でドリフトを使いまくっているとついていけなくなります。

嵐山信号所直前で信号機が注意→停止と切り替わっています。オーバーランしないように、ちゃんと停車してください。
ちなみに先に進んでも小川町までの線路はありません。

フリーランでは「嵐山信号所」の表示が出て二個目の停止信号の手前あたり停車すれば、自動で方向が変わります。

嵐山信号所、武蔵嵐山~坂戸(復路)

ここから本当に余裕ないです。
嵐山信号所からの加速では片輪ドリフトしながらライトニングフルノッチを使用しないと置いてかれます。

(万が一置いてかれても、和光市辺りではある程度食いつけることもありますが、まず勝てないでしょう。)

拓海の「絶対にスペースは開けてもらえない~」→「見えなければいいんだ~」のイベントが出ればDRCの速度が一定に保たれるので、その際にドリフトで差を縮めておきましょう。
北坂戸直前である程度食いついていれば、ブラインドアタックが発動します。

坂戸~志木(復路)

「よく見ておけよ…こんな追い抜きもあるってことをな…」
の後に複線ドリフトを使用するとドリフト崩し(勝手に命名)で突き飛ばされて抜かれます。
その後、DRCがフェイントで曲がるコーナーもこちらはドリフトで曲がっていきましょう。
そうとでもしないと置いていかれます。
片輪ドリフトして吹っ飛ぼうが気にしない。

ドリフトの強い車両だとうまくドリフト崩しが発動しない場合があるが、その場合はコーナーのかなり手前からドリフトしていれば大丈夫。わざと減速してぶつけさせてもよいが。
なお、ドリフト崩しで抜かされなくても、普通に走っていれば川越市までには抜かされます。
  • たとえトモの車両を2300系、自車両を223系にして逃げても新河岸~上福岡あたりで大抵抜かれます。
    • ドリフトしまくって最遠で朝霞台まで抜かれずに走れたのを確認。朝霞台通過後に抜かれました。

志木~和光市(復路)

志木では分岐で内線に入りますが、外線に転線すると後部ドリフトで高加速が手に入ります(まあ、どちらでも良いのが現状ですが)。
朝霞台~朝霞間である程度食いついて、複線ドリフトか後輪ドリフトを繰り出すとカットインが入るが、出さなくても特に問題はありません。
  • カットインを出したい場合は、相手の車両の三両目の半分が画面外に隠れるまでを目安に食いついておくとよい。

和光市~池袋(復路)

食いついていればここから池袋までブラインドで走り続けることになります。DRCの挙動を頼りに食いついていきましょう。
下板橋直前のシケインで片輪ドリフトして突っ込んで脱線しないように。
場合によっては、ブレーキとノッチを連続して入れ替えする(通称:パカパカ)が必要です。
ここまで来れば、トモもある程度こちらに合わせて走るので、ブレーキを数回かけた程度で離されることは少ない。

下板橋はブレーキなしで通過できます。
北池袋で、高橋涼介による巨大フラッシュでDRCの挙動が乱れれば、あとはそのままゴールです。
  • ver1.05以降では相手が下板橋通過後にドリフトするので、それを妨害しない程度に片輪ドリフトで食いつくか、相手がドリフトに失敗しても相手の先頭車の半分が見えるくらいに食いついていればフラッシュが発生するようになっています。
    • 相手がドリフトしている際にぶつかった場合は相手がドリフトから戻らず、前に出られなくなって勝利不可能になります。
    • クリア後に相手をアーバンライナーにしていると車体が長いおかげで、北池袋で相手が自走不能になり勝てます。

実はDRCに勝った後だと、どのステージでも阪急2000系のみスペースキーを押すことで、前照灯を消灯できます。



まとめ

むちゃくちゃ難しいです。
大半の人が5回やってもクリアできないと思います。。。
特に、理論派の運転士は大苦戦を強いられます。
スキがあったら即突っ込む瞬発力と暗い中で正確にライン取りする高い集中力が要求されます。
場合によってはパカパカ操作など、常識を無視した操作も必要になります。

諦めず何回もチャレンジして頑張ってください!

補足:下板橋で舘智幸のカットインが終わって、ホームが途切れた瞬間に片輪ドリフトでDRCに食いつく。
(すぐにドリフトしないと脱線してDRCがフィニッシュしてしまう。)
その後、フラッシュのカットインが入ってDRCがホームにぶつけた瞬間に立ち上がるとDRCと並び、二宮大樹のカットインが入れば
正しくイベントが進む。…のだが、車両を変更してプレイするとこのような手順を踏んでもうまくいかない時がある。
ここまで来ておいて…というのもあるが、ある程度運に頼ることになる。
  • またたとえフラッシュのカットインが起きなくても、北池袋通過後片輪ドリフトでの加速を繰り返ししていれば池袋侵入直前でギリギリ抜けて勝てる(管理人実証済み)。ただしシケインがあるのでそこでミスったら終わり