攻略(第14,15話)

「オレにとってもやり残したバトルだ、ここでケリをつけてやる…」


生まれ変わった2000系で須藤京一にリベンジマッチを挑む拓海。
しかし拓海にはもう一つ、京急本線に乗り込んだ理由があった。
「新しい車両」と「成長したドラテク」で、あの須藤京一に相手のホームコースでどこまで迫れるか。
「やり残したバトル」が今、決着する。

CS第14,15話、舞台は京急久里浜線・京急本線です。

  • 勝利条件:品川駅に21XXより早くゴールする。 敗北条件:21XXに抜かされる

  • LS、BSを含めても、今までの中で一番難しい回だと思われます。
    • 少しでも脱輪すれば京一に抜かされ脱輪しないように減速しても抜かされるなどによって負けることが多いでしょう。


攻略ポイント

首都圏では高速運転でならしている京浜急行だが横浜を境に性格がガラリと変わる。横浜以東はほぼ直線の高速コース。横浜以南は海岸線をぬうコーナーとトンネルの連続…


バトル中に涼介が呟く通り、横浜を境にコースの特性ががらっと変わります。

京急久里浜~横浜

  • 短いストレートと中低速コーナー、勾配の連続するテクニカル区間です。
  • 県立大学駅直後と、安針塚~京急田浦間の2つ目のトンネルと3つ目のトンネルの間には線路間に橋桁の出っ張ったコーナーがあります。ドリフトで突っ込んでも回転する程度で自走不能とまではいきませんが、ノーミスクリアを目指すのであれば注意。
    • 特に安針塚~京急田浦間の橋桁はコーナーの途中、しかもトンネルのせいでブラインドコーナーになっているところで突然現れるので注意。その直前に拓海が「誰だよ、京急が高速コースって言ったのは~」と毒づくので合図にするとよい。
  • ドリフト、ブレーキをコーナーのたびにしていけば良いです。ただし、堀ノ内、県立大学、黄金町、戸部、そして横浜は島式ホームなのでドリフトして突っ込むと自走不能になります。
  • 文庫~能見台ではカーブが多く、ドリフトとともにブレーキも多用して行きましょう。(撮影地だーなんて思ってると命取り)
  • 日ノ出町を出たあとの二つ目のトンネルにも気をつけましょう。線路間に支柱があるのでドリフトして突っ込むと自走不能になります。
  • 少し脱線してしまっても、ここはそこまで痛手になることはありません。落ち着いて走りましょう
  • 戸部入線とともにブレーキそして「戸部通過、次は…」でドリフト。「駅!?」でドリフトを戻します。あとは、イベントなので脱線しません。
  • イベントが終わったあと、横浜手前のシケイン左コーナーで後輪ドリフト。ちょうど真ん中で復帰して横浜通過のイベント。
    • 左カーブで早めに後輪ドリフトを終わらせないと、シケインの真ん中あたりで車両がジャンプし、ドリフトから戻れずそのまま横浜駅に突っ込んで自走不能になる場合がある。

横浜~鮫洲

  • 実際に京急快特が120km/h運転を行う区間。ここから首都圏屈指の高速コース。BGMも変わります。
  • ここからまったく余裕がありません。また、21XXがすぐそこまで迫ってきているので、場所や車両によっては後輪ドリフトが使えません。
    • ほとんどの場合、花月園前駅のコーナーで後輪ドリフトしようとするとぶつかります。
    • 後輪ドリフトで相手にぶつけた場合、一度別の場所で後輪ドリフトを成功させないで普通の複線ドリフトをした場合、勝手に後ろの車両の車線が切り替わり21XXにぶつかって切り離されるので注意。
  • ここまで何度も「ほぼ直線」や「高速コース」と言っていましたが、いざ走ってみるときついコーナーが各所にあります。京一との距離などに注意しつつドリフトでクリアしていきましょう。
  • 京急新子安~生麦間の高島線(東海道線貨物支線)をくぐる地点には支柱があるが、ドリフトで突っ込んでも回転したりはしない。大森海岸駅直後のコーナーには出っ張った橋桁あり。

鮫洲

  • ここが、一番の難所です。鮫洲に入線すると同時にブレーキ。通過し終わって、複線になったところで複線ドリフトで抜けましょう。後部ドリフトすると2100に当たって脱線します。
    • ちなみに、鮫洲の待避線はドリフトできます。ただし、自力で戻さずに待避線の合流を使ってドリフトを解除すると、通常ドリフトが使えなくなったり、後部ドリフトすると車両が勝手に転線する場合があります。また、速度がつくので左コーナーでブレーキングがややシビアになります。

鮫洲~品川

  • 普通に12段フルノッチで走り抜けます。北品川のコーナーの時にはイベント発生です。
    • 北品川はほとんどの場合ノーブレーキで突っ込んでもそのままイベントに入るので脱線することは少ないですが、たまにイベント中にもかかわらず脱線することがあるので、心配であればブレーキをかけておくとよいでしょう。
  • 北品川を通過して制限40の左カーブでブレーキもしくはドリフトして曲がると「曲がりやがったァ!!ありえねぇ…ざけんなアアア!!」となりますが、ここで油断していると制限25の右カーブで脱線する場合があります。
    • 橋の真ん中あたりで複線ドリフトし、そのまま品川につっこみましょう。制限25カーブを曲がり終わったあとも品川駅の構内でドリフトしておかないと脱線してギリギリのところで抜かれて負けることがあるので気をつけましょう。


  • かなり難しめのコースなのでドリフトだけを頼りに曲がろうとすると障害物や泣き別れで脱線してしまいます。適宜ブレーキを併用しましょう。また、ブレーキングのテクニックを磨くにも最適のコースです。(2100だと、大抵のコーナーは125~135km/hで抜けられたかな?)何回も練習して阪急2000の扱いにもなれましょう。
    • むしろ、「あまりドリフトに頼らない」と言う事を頭に入れてゲームをすると楽しいかもしれません(スリルがあって)

  • 余談ですが、京一(21XX)は横浜までプレイヤー側の最高速度(若干ながら、加速も)に合わせて走行します。
    • JR四国2000系(ガスタービン車を眠らせている状態)でゆっくり走っていても、脱線しない限りは追い抜かされる事はありません。
  • 横浜を通過すると、向こうも本気になる(最低でも140km/hは出すようになる)ので、追い抜かれないように注意が必要です。
    • たとえ、こちらがメーター振り切れた速度で走っていても・・・すぐ後ろに迫っています(脱線しながら追走してきます)


参考資料

  • ドリフトを使用せず、京急本線を走行する際に役立ちそうな資料です。
ただ、ドラマティックモードだと使えないかも?試運転でお楽しみくださいな
2012/2/9修正

  • ドラマティックモードで走行すると、能見台の6連続や戸部の低速区間にて21xxに抜かれるのを確認しました。

添付ファイル