攻略(第12話)

「見せてもらうぜ、神宝線で負けなしと言われた実力の片鱗をなァ!!」


狭軌、一部単線、狭くメンテナンスの行き届いていない劣悪な軌道、そして慣れないニューマシンに戸惑う拓海。
さらに、相手はまだ本気で走ってはいないことに気づく。
絶望的な状況の中で走り続けるうちに、拓海は生まれ変わった2000系の本当のポテンシャルに気づく。

CS12話(11話はバトルがないためカット。気になる方は総集編の購入を)。
舞台は神戸高速鉄道、神戸電鉄有馬・三田線です。
この回で2000系改を初めて使用することになります。
三田線(有馬口-三田)は岡場-田尾寺・横山-三田を除き単線区間です。

  • 勝利条件:三田駅に2800系より先にゴールする or 2800系をある程度ちぎる。


ステージ攻略方法

  • 有馬口からの単線区間ではドリフトできないので運転士の腕が試されます。
    • 複線区間もきついコーナーが多いため、ただでさえ脱線しやすい2000系改ではすぐに脱線するので、適宜ドリフトやブレーキングを。

  • 勝利条件にもあるとおり、2800系をある程度離してしまうと三田までに勝利扱いになるので、初見ではいきなり終わってしまう場合もあり驚くだろう。
  • 普通にドリフトを駆使しつつ走って行くとそうなるので最後まで走りたい人は130km/h程度で走行し相手が迫ってきたら今作の新テクニック"ライトニングフルノッチ"で適当に離そう。
  • 223系や50000系を使うと、長田(新開地ー湊川ー長田ー・・・)すら通過する前に終わってしまう
  • 四国2000系を使うとドリフト性能が弱いため簡単に完走できる。ただし、ガスタービンを起動していないと丸山付近で抜かれる
  • 相手を四国2000系、こちらを223系などにすると、湊川通過直後のトンネルで終わる。

  • ドリフトを使わない。という縛りプレイ入れても面白いかも(笑)
    • 北鈴蘭台は、フェイントモーションからのアグレッシブなドリフトのほうが格好いい
    • アーバンライナーなどではドリフトを一切使わなくても途中で勝利してしまう場合がある。