ミュージアムモード

  • このモードでゲームのバージョンによってできることが異なります


LightningStage

  • LSでは走行した路線をゆっくりと走る観賞モードとなっております。
    • 路線を選択した後は自動運転による沿線景色をお楽しみください
  • 阪急宝塚線、京都本線は運転台視点ですが、京津線は外から自動走行する車両を眺める形態です。
    • ミュージアムモードの京津線限定で京阪80形が登場。電車でDの世界で13年ぶりの動態走行を是非。


BurningStage

  • BSでは登場した車両を眺めたり、使用されたBGMの再生、ステージ毎のBGM変更、そしておまけマンガがあります。
    • 車両を眺めるモードでは方向キーでカメラを動かせます。M(左車線へのドリフト)キーで拡大、A(右車線へのドリフト)キーで縮小です。また、C(非常制動)キーを使うとワイパーが動きます。(2199、21XXでは使用不可)
    • BGM再生・変更モードでは画面内の説明に従ってください。
    • おまけマンガは「拓ちゃんの電車バトル教室」のBS登場話収録分です。LSみたいにバトルではありません。


ClimaxStage

  • CSではおまけマンガは削除され、開放された車両を眺めるモード、BGMの再生・変更モードのみ用意されています。
  • 前作では2199と21XXのワイパーが動きませんでしたが、今作ではワイパーが再現されているので、動かすことができます。
    • CS1.03以降ではカメラ移動が自由になります。Shiftキーとマウスボタンの組み合わせでしか動かせないので注意が必要です。


BS,CSともに曲変更モードは対応するCDを入れた状態でないと使用できません。(詳しくはその他参照)

RisingStage

  • 基本的にCSと同じ。RSでは、ver102より、BGMが解放されます。