※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊丹 護 (いたみ まもる)

  • 性別:男性
  • 所持武器:無し(拳)
  • 攻撃力:7 防御力:3 体力:10 精神力:3 FS「信仰心」7

特殊能力『繋がる世界』 発動率:90% 成功率:100%

効果:変則体力ダメージ(※1) 90
対象:同マス敵一人 x0.8
時間:一瞬 x1.0
消費制約:攻撃力5消費 25
FS:7 x1.7
効果数値=90*0.8*1.0=72

発動率=(100-72+25)*1.7=90.1≒90%

※1
自分の初期体力ー現在の体力分の体力ダメージを対象に与える。
自分の現在の体力が初期体力を超えていても、対象の体力を回復させたりはできない。
その場合は0ダメージを与える。

【能力原理】

 自分の信仰心と、人と感覚を共有できるという力を合わせた能力。
 それまでの痛みを受けることが神聖なことであると信じている
伊丹がある日感覚を共有できる力を身につけてしまったために、
自分の痛みを共有してその神聖な行為を広めようとする善意からの行動。

キャラクター説明

 幼少期に虐待を受けており、その辛さから逃げるために
「痛いことが素晴らしいことだ」という妄想に駆られ、
あまつさえそれを自らの信仰にしてしまったマゾヒスト。
 痛みを得ることはとても神聖なことだと信じているので
普段は決して暴力を振るわないが、振るう時は全力で拳を使って
ぼこぼこになるまで殴る。殴って傷める拳も愛おしいので必ず素手で殴る。

それだけならまだ良かったのに、ある日人と感覚を共有することが
出来るようになってしまったので、自分の痛みを分かち合うことで
この幸福感をみんなと味わおうと完全に善意から痛みを共有しようとする。
悪意がないだけに止めさせることが出来ない。