※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

拳骨 武男

  • 性別:男性
  • 所持武器:己の拳
  • 攻撃力:18 防御力:1 体力:8 精神力:2 FS「拾い食い」1

特殊能力『このラーメン…これが神か…』
 発動率:64% 成功率:100%


効果 再行動 110
対象+範囲 自分自身 0.75
時間 一瞬 1
消費制約:体力5消費 25
非消費制約1:1ターン目にしか使えないx0.9
非消費制約2:効果遅延(2ターン+α)x0.9
FS:1 1.1
効果数値=110*0.75*0.9*0.9=66.825
発動率=(100-66.825+25)*(1+1*0.1)=63.9925≒64%

  • 能力詳細
遅延効果は2ターン後のこのキャラの行動終了時に発揮される。
つまり、
1ターン目 能力発動
2ターン目 能力休み
3ターン目 通常の行動→遅延効果が自動で発動、再行動可能になる→もう一度行動と、なります。

キャラクターの説明


対象の時間を巻き戻す能力を持っている魔人。
だが本人はその能力があまり好きではない。
男は拳一つで戦うものだという信念があるからだ。
最近ではこの古き良き信念を理解しない新参者どもが増えているらしく、イライラしていた。
「いっちょ鉄拳制裁といくか…」

そしていよいよ戦いが始まろうかというときに拳骨は見つけてしまった。
ほこりをかぶった岡持ち。中には手付かずのまま放置されたと思われる腐ったラーメン。
おそらく誰かのためにここまで運んできたが、何か不慮の事故があり食べさせられなかったのだろう。
そんなふうに思わせるラーメンだった。
不思議とそのラーメンに惹かれた拳骨は能力を使用した。
巻き戻る時間、汚れていた箸も新品同様。
遠くからは雄叫びが聞こえており、すでに戦いは始まっているようだ。
だがもはや拳骨の中にこれを食べないという選択肢は無かった。アホである。
たっぷり時間をかけてラーメンを完食した拳骨は思い出したように戦場へと駆け出した。
今、伝説のラーメンの神秘の力が発動しようとしている。