※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

埴井葦菜(はにい あしな)

  • 性別:女性
  • 所持武器:
  • 攻撃力:18 防御力:1 体力:7 精神力:3 FS「嫉妬」1

特殊能力『アナフィラキシー・ハック 突発奥義 蜂覆絶討』
 発動率:92% 成功率:100%

【効果】遠距離通常攻撃:60
【タイプ】瞬間型
【スタイル】アクティブ
【対象】MAP全体一人:3
【時間】一瞬:1

【消費制約】攻撃力5消費:25
【非消費制約1】覆面メンバーにのみ有効:0.7
【非消費制約2】精神攻撃:100
【効果付属】凄惨な死:10
【FS】1

効果値:60*3*1*0.7=126
発動率:(100-126+100+25)*1.1-10=99%
成功率:0%

能力原理

「とにかく目立ってそうな奴を探してきなさい! 覆面をつけた怪しいのとか!」

 そんな、埴井葦菜のアバウト極まりない命令により放たれたアシナガバチ達。
 探索の末に発見されたのは、言いつけ通りの、覆面を着用せし敵であった。
 蜂達は「あいつでよくね?」と探索を止め、尾行のための数匹を残し皆引き上げて行った。

 数日後、遂に戦闘が開始され、葦菜はマークしておいた覆面野郎を始末するため、使役する蜂の中でも精鋭の者を敵の元へ飛ばす。
 ターゲットは既に覆面を脱ぎ捨てていたが、蜂達の目は誤魔化せない――狙いを定め、静かに包囲してゆく。
 精神が安定している者は危険を察知して逃げてしまうかもしれないが、精神が不安定な者は興味本位でぼけーっと眺めているかもしれない。
 包囲網の完成後、アシナガバチ達が対象者へ一斉に襲い掛かる。スズメバチを超えるほどの激痛に、並みの者は叫び声を上げながら踊り狂って死ぬだろう。

 覆面メンバーという味方からの期待と敵からの畏怖を一身に集める者への嫉妬に狂った一撃である。
 ちなみに、武器であるところのアシナガバチ達を遣わせるため、本体の攻撃能力はガクっと落ちる。

キャラクター説明

 蜂使いの一族・埴井家の娘。後継者候補の一人。
 相棒はアシナガバチ。ペット用キャリーバッグに巣を入れ、いつも持ち歩いている。
 スラリと長い脚が自慢で、そんな自分に誰もが羨望の眼差しを向けるべきだと思っている。
 それゆえ、自分よりも目立っていて周りの注目を集める存在にとてつもない嫉妬心を抱く。

 埴井家の問題児・ホーネットの従姉妹だが、彼女と違い蜂さんとは普通のパートナーの間柄。ぱんつも穿いてるよ!
 二人は年も近いためかそれなりに親しくしていたが、その関係に亀裂が生じたのは少し前のこと。
 なんやかんやあってホーネットが一族でも学校でも今まで以上に目立ってしまったため、葦菜の中で、彼女に対する嫉妬の炎が激しく燃え上がったのである。

「ふん! 今に見てなさい! でかい面してる古参どもを討ちとって、あたしの方が目立ってやるんだから!」

 自分勝手に憤りながら、呆れ顔の蜂達を連れ、鼻息荒く戦場へと駆けてゆく葦菜であった。