組織について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~第1回~


                      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   ヾ∨ ./ハV
                      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|     i:|. // :i|
                      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|     |:レ'/  ||
                      |/ ̄  ̄\|     レ′ :!!
                      / r‐ 、   r‐ 、ヽ.       リ
                「\   { ‘ー ' _‘ー ' }   /}     ,.ィ
              / ̄`ヽ|i:i:i:i\_,八.   (_)  ,ハ._/i:i:/_,,.. :<i:i:!
            /     ヽ\i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ      r'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:> ´ ̄ `ヽ
       __/  i    ハ \=ニ二ヽハ ハ /二ニ=/ /     i   ∧__
  _,,.. :<i:i:i:i:i/   :|       i   ヽ     |i:|. |i:i|    /  .′   |   ∧i:i>: ..,,__
  ∨i:i:i:i:i:i:i:/    j      |    ∧   |i:∨i:i|.   /  i       '.   i ∨i:i:i:i:i:i:/
  ∨i:i:i:i:i/ i   /     |.    ∧ー‐┘i:i:i:└―‐.′ |    ∧  :| ∨i:i:i:i/
   ∨i:i:/ :|.  /     /\    ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.′  ヽ.     ヽ  |  ∨i:i/
    ':/   !  /    /    \  :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    /\       \!  ヾ′
  //   :!/ ,. <.        \ :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   /   ` <.    \  \
  /  i   ,,.. <                ヾi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|,/         ` < \  i.ヽ
 {.   |   \             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\             >' :! }
  \ \_ .\            /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\        >、´   ,ノノ
   ` ̄  ∨i:i:i:>: ...,,_,,.. . :<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>: . _,,.. <:i:i:/  ̄ ̄ ´
         ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃おぃーっす! 久しぶりだね。進行役の死神だよ!
  ┃東京から逃げ出そうとしたやる夫くん。
  ┃でも、そう簡単に行くほど甘かったら物語にならないよ。
  ┃さて、4日目に行く前にちょっと組織について語っておこうか。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                  ┗┛

         く´
    ___    _Σ
   冂|    |  |
   | .|7 _(∵)_   いつぞや霊夢から教えて貰った「ORGA」も組織の一つだね。
   凵'__> レN ∠,
   └──i    /   まぁ、「ORGA」は脳筋集団だからサマナーは狙ってないけどね。
      ./    〈   
      レi   ∧}   ちなみに霊夢は神道系の組織に所属しているよ、一応ね。
        7 /
      _,,z' く/_
      ´ ̄ ̄ ̄^
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃ゲームと違ってこの世界には悪魔関連の組織ってのはメシア教、ガイア教以外
  ┃にも結構あるんだ。
  ┃で、彼らにとってサマナーってのは強力な戦力になりえる存在なわけだよ。
  ┃だから、サマナーは色んな意味で狙われるんだ。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                  ┗┛
         く´
  _,,,_  _Σ
 冂| | .|   |  |    組織に入るメリットとデメリットは↓を見てね。
 |   亡'|._(∵)_
. \_,∠_,> レN ∠,  メリット
   └──i    /   ・組織の幹部クラスになれば、シェルターを利用させて貰える。
      ./    〈
      レi   ∧}   デメリット
        7 /     ・組織の利益に反すると各組織の怖い人がやってくるぞ。
      _,,z' く/_
     ´ ̄ ̄ ̄^
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃サマナーらしいと知れたやる夫くんはループするまでの短い間だけど、
  ┃色んなところで声を掛けられるだろうね。
  ┃身元バレしたら襲撃されるかもしれない。
  ┃ま、死んでも繰り返すだけ出し、今は大人しく見守ろうか。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                  ┗┛


~第2回~


                         |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   ヾ∨ ./ハV
                         |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|     i:|. // :i|
                         |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|     |:レ'/  ||
                         |/ ̄  ̄\|     レ′ :!!
                         / r‐ 、   r‐ 、ヽ.       リ
                   「\   { ‘ー ' _‘ー ' }   /}     ,.ィ
                 / ̄`ヽ|i:i:i:i\_,八.   (_)  ,ハ._/i:i:/_,,.. :<i:i:!
                /     ヽ\i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ      r'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:> ´ ̄ `ヽ
          __/  i    ハ \=ニ二ヽハ ハ /二ニ=/ /     i   ∧__
     _,,.. :<i:i:i:i:i/   :|       i   ヽ     |i:|. |i:i|    /  .′   |   ∧i:i>: ..,,__
     ∨i:i:i:i:i:i:i:/    j      |    ∧   |i:∨i:i|.   /  i       '.   i ∨i:i:i:i:i:i:/
      ∨i:i:i:i:i/ i   /     |.    ∧ー‐┘i:i:i:└―‐.′ |    ∧  :| ∨i:i:i:i/
      ∨i:i:/ :|.  /     /\    ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.′  ヽ.     ヽ  |  ∨i:i/
        ':/   !  /    /    \  :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    /\       \!  ヾ′
       //   :!/ ,. <.        \ :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   /   ` <.    \  \
     /  i   ,,.. <                ヾi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|,/         ` < \  i.ヽ
.       {.   |   \             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\             >' :! }
     \ \_ .\            /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\        >、´   ,ノノ
      ` ̄  ∨i:i:i:>: ...,,_,,.. . :<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>: . _,,.. <:i:i:/  ̄ ̄ ´
              ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃おいーす! すっかり解説役の死神様だよ!
  ┃>>1が色々と思う所があったらしくて、暇な時間に今までのおさらいをするらしいよ?
  ┃と言うわけで、今回は組織についてだ。
  ┃あ、おさらいとか言ってるけど、正確にはより詳しい話になるね。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                        ┗┛


         く´
    ___    _Σ    一応、例を挙げておくね。
   冂|    |  |
   | .|7 _(∵)_  世界の刷新
   凵'__> レN ∠  .メシア教会(救世主の下で神の楽園を作る)
   └──i    /
      ./    〈   現状維持
      レi   ∧}   クズノハ(帝都の平和を守る)、第0課(悪魔事件の解決)
        7 /
      _,,z' く/_    人類の革新
      ´ ̄ ̄ ̄^    ガイア教団(霊的な進化は弱肉強食の果てにある)、OGRE(強い奴と戦って強くなる)
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃各組織を物凄く乱暴に分類すると、大きく三種類に分類できるよ。
  ┃一つ目は「世界の刷新」を目的とする組織。二つ目は「現状維持」を目的とする組織。
  ┃三つ目は「人類の革新」を目的とする組織。
  ┃とまぁ、大げさに言ってみたけど、ここはただのフレーバーだから余り気にしなくていいよ。
  ┃上の三つとL、N、Cの属性は=で結べるようなモノじゃないしね。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                        ┗┛


         く´
  _,,,_  _Σ
 冂| | .|   |  |     自力で組織と接触するまでのまとめ
 |   亡'|._(∵)_   1、特定の事柄(人物、事件、噂話)を調べる。
. \_,∠_,> レN ∠,   .2、組織の情報を得る。
   └──i    /   .3、組織を訪ねる。
      ./    〈
      レi   ∧}   ちなみに会話とかで組織を知ることもあるよ。
        7 /
      _,,z' く/_
     ´ ̄ ̄ ̄^
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃自力で組織と接触するには、行動の調査を選んでもらうことになるわけだけど…。
  ┃ここで注意して欲しいのは、「やる夫くんが知らない組織」とは接触できないってことだね。
  ┃皆は五島だとかトールマンだとかを知っているけど、やる夫くんは知らないんだ。
  ┃まずは特定の事柄を調べて、組織の情報を手に入れることが大切だよ。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                        ┗┛


         く´
  _,,,_  _Σ
 冂| | .|   |  |    メリット
 |   亡'|._(∵)_   ・普通は手に入らない武器、道具の購入
. \_,∠_,> レN ∠,   .・ICBMを耐えられるシェルターの利用(所有していない組織もあります)
   └──i    /  ..・アリバイ作り(学校関連を誤魔化してくれます)
      ./    〈    .・異界の利用(LV30以上の悪魔がでるような異界は基本的に放置されません)
      レi   ∧}
        7 /      .デメリット
      _,,z' く/_    ・面倒な頼み事をされる
     ´ ̄ ̄ ̄^    ・敵対している組織から敵意を持たれる
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃さて、ここからが本題。組織と関わる事によるメリットとデメリットについてだよ。
  ┃メリットは普通は手に入らない武器、道具の購入。ICBMを逃れるためのシェルターの利用。
  ┃アリバイ作りの協力。各組織が管理している修行用の異界の利用だよ。
  ┃デメリットは面倒な頼み事をされる、敵対している組織から敵意を持たれるの二つだね。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                        ┗┛


             ≦::::::::::l
            !::::::::::::::l
            |:::.,. ´ ̄ ヽ ,イ   ィ
           |:::{ ● ●∨::!/:.l   んー・・・こんなもんかな?
           |:人.  ● Y::::::::::::::!.イ
       __l:::: ヽ   l::::::::::::::::::|   ま、ループすれば組織に所属していたって言う事実も消えるんだし、
.     __≧:::::::::::::::ヘ∧ハj::::::::::::::::::l   気軽に色んな組織と関わってみなよ。
.     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.      _≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   色々と面白い事実や意外な解決策を発見できるかもよ?
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   じゃ、まったねー。
          ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
         ' ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
              ' ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::: '.
               '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.              '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
              }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
┏┓死神様                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃あと一応言っておくと…。
  ┃霊夢くんは口にしないし、本人も深く考えてていないようだけど、「新宮の森」という神道系
  ┃の組織に所属しているよ。
  ┃この事からもわかるように、組織に所属したからと言って属性が変わるって事はないよ。
  ┃まぁ、組織と仲良くしようと思えば、自然と組織の性格に沿った属性になっちゃうけどねー。
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                        ┗┛
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。