コマンドの詳細


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※選択できる行動※
 朝:施設/会話/学校/訓練/散策/調査
 昼:施設/会話/  /訓練/散策/調査/探索/MAGの譲渡
 夜:施設/会話/  /  /散策/調査/探索/MAGの譲渡

【朝の召喚】

ターン外行動。朝一番の召喚。召喚された仲魔の内一人に好感度上昇安価発生。


【施設】

一般の買い物のほか、邪教の館、悪魔絵師、宵越しの銭、一目連の鍛冶屋など。
スレの初めにある各種情報のうち、施設に記載されている場所を利用する。
但し、組織と協力関係にならなければ、利用できない施設も存在する。
また組織加入後に組織と接触する際もこちらを指定。

例)「緑の夢」はクズノハと協力関係にならなければ、「施設」コマンドで選択しても意味がない。

【会話】

好感度LV2以上の相手(仲魔含む)を指定して会話を行う。
具体的に言うと、相手に何かを訊ねたり、頼んだりする行動。
大きく分けて、コネクションを頼っての情報収集、依頼といったイベント進行を司る面と、
好感度上昇の安価、宝石のプレゼントといった好感度に関わる面の二つ。
会話の内容は実務的な物でもいいし、雑談でもいいし、愛の告白をしても良い。

「学校」コマンドでは得られない重要度の高い情報の入手や、VIPBOYのプログラム作製などはこちら。
イベントを進める基本であり、「会話」で事件を知って「調査」で接触していけば、何処かに辿り着く筈。

一度の「会話」で二回まで話題を選んで話ができる。
基本的にGMが二つ話題を挙げて、三つ目の話題は読者に任せるという形。
ただ、GMの提示する話題は大きな失敗がない代わりに大きな成功もない。
好感度を派手に上げたり、イベントが欲しいときは頭を捻って話題を考えてね。
(あまりに酷い言動だと逆に下がる場合もあります。)

プレゼントについて
会話1回分につきアイテムを3個まで渡せる。
人間に装備品を渡した場合、それが有用なものなら装備し、好感度が上がる。
仲魔に装備品を渡した場合、それがアクセサリーなら吸収し、能力値の上昇、○○耐性などを手に入れる。

宝石について
通常会話は安価で成功すれば好感度+1だが、宝石は女性キャラなら確実に+1される。
会話で+1、宝石渡してさらに+1(計+2)というのは出来ない。
ただし、上昇は一種類につき一回のみ(種類はループでリセット)

【学校】

学校に行く。登校の必要があるのは、15~22日(終業式)までの月~金。
サボってもいいが、休み過ぎると心配した親友や両親がやって来て、行動を束縛される。
このコマンドを選択すると、朝一で召喚した仲魔が独自に情報収集を行ってくる。
その他にも噂話が聞けたり、友人との会話で好感度が上がったりする。
余裕がないならともかく、余裕があるうちは行った方がいいだろう。

このコマンドで仲魔が集めてくるのは、基本的に狩り場となる異界の情報のみ。
また異界はLv相応の場所しか見つけてこない。(最大でもその仲魔の初期Lv+5程度まで)
より重要な情報(強い敵がいる異界や組織の情報)は、会話か散策・調査などで入手できる。

【訓練】

特定分野のスキルを習得するための訓練と、選択中のスキルの入れ替え。
個人訓練で覚えられる分野は「剣」「銃」「魔法」の三種類。一度で習得できる。
その他のスキルは友人以上(好感度LV3以上)と一緒に訓練をしなければ覚えることが出来ない。
同じ種類の訓練を積み重ねると、より上位のスキルを覚える。
スキルの入れ替えは、「訓練」で新しくスキルを覚えた後に行われる。

剣、銃はやる夫のLVに合わせて適当なスキルを。(魔法と違い剣、銃にはⅠやⅡはない)
剣は単純な威力上昇、銃は範囲攻撃かBS付与攻撃。(毒(出血)、麻痺、力低下、体低下、速低下)
魔法は閲覧できる魔導書のスキルを覚えられる。霊夢から借りられる魔導書は回復魔法。

仲魔と訓練すると仲魔のスキルを一つ覚えられる。(事前に会話で約束する必要あり)
その際、仮にタルカジャⅡを習おうとしてもタルカジャⅠしか覚えられない。

やる夫は「(現在LV/5)+2」(端数切捨て)個のスキルを使用可能。
  • 5の倍数LV毎にスキル枠+1。その際に安価で新たなスキルも覚える(訓練スキル、GMお任せ、読者指定)
  • LVの1桁目が3、7のとき、ⅠやⅡなどレベルの付いているスキルが成長。
  • 装備せずにストック可能なスキル数は4。それ以上は不要スキルを安価で選んで消去。

【散策】

好感度LV1以下(知り合い未満)のNPCに会いに行く、特定の組織を訪ねる、
当てもなくぶらつきランダムイベントを期待する(新たな情報、異界、人物との出会いなど)。
平たく言うと「その他」の行動。他にも選択肢にない行動を取りたければ、この行動を選ぶといい。
  • 存在を知っている組織としか接触できません。存在を知るには噂を追いかけるなり、
    事件を調べるなり、会話で聞き出す必要があります。
    (未知の時は調査→散策、ループした後とかで知ってる場合は直に散策)
  • 魔道書を探すのも散策でOKさ!(組織を頼った方が早い)
  • 散策は場合によっては悪魔とエンカウントあり、調査でその危険はなし。
  • 組織に顔を出す場合、既に協力体制→施設、まだ協力体制ではない→散策。

【調査】

何かについて調べる行動。具体的には「噂」「事件」「人物」「組織」「異界」など。
確実に何かを調べられるとは限らない。
「会話」で事件を知って「調査」で接触していくのがイベント進行の基本になる。

【探索】

ダンジョンアタック。異界化した場所を探索する。
悪魔を殺したり、仲魔にしたり、お宝をぶんどったり、異界の主(ボス)を倒すとボーナスチャンス。
基本的に探索の数値が1上がる度に戦闘があるが、異界に挑む際の方針で「戦闘回避」を選んだ場合は、遭遇判定が行われる。
  • 敵から手に入るMAGは敵のLV^2なので、敵が強くなると加速度的に入手MAGは増える。
  • 悪魔を倒して手に入れたMAG(敵のLv^2)は半分がやる夫に、
    残りの半分が戦闘に参加した仲魔で山分け(死んでても分配)される。
  • 仲魔が死んだ場合、1日の終わりにLV×5マッカで復活。但し、蘇生手段を持っていれば、マッカの消費なしで復活。

【MAG譲渡】

仲魔に生体マグネタイトを分け与える。与える方法は、血を与えるか、契りを結ぶか。
MAGに余裕があれば、好感度を確実に+2はできる行動。

対象が男(or好感度Lv2以下の女)の場合、血液による譲渡でHPとMAGを消費。
対象が女で好感度LV3以上の場合、それなんてエロゲ発動。MAGのみ消費。
その気があるならLV2以下でも出来ますが搾り尽くされます。
一度に譲渡できるMAGに制限はないが、好感度Lv3未満の仲魔は手加減してくれません。
MAGが0以下になった場合、HPがMAGに強制変換されます。変換率はHP:MAG=1:5。
この際に消費したHPは丸一日経過するまで回復しません(一日だけ最大値が減少)。
  • 契りでのMAG譲渡は一発につき、対象のLV^2。最大でLV^2×5。
  • 3Pできるような表現力はないので、一回に一人ずつとします。

【仲魔の成長】

ターン外行動。一日の終わりに仲魔がMAGを使って自分を強化しようとします。
その際にLV^2×5のMAGを使用することで仲魔はLVが1上がります(好感度も+1)。
仲魔はLVが2上がる事にソーススキルから好きなスキルを一つ習得。
特定のLVで仲魔が進化を起こしたりはしません。

仲間の保有MAGは、以下の合計値
  • 召喚MAG=対象のLv^2
  • 戦闘時の取得MAG=敵のLV^2/(2×戦闘参加した仲魔数)
  • エロでの取得MAG=エロ時のLV^2×射精回数(任意で増やすのはあり)
※LVUPでやる夫のLVを超えた場合、既に契約を結んでいるので好感度に関係なく離脱はしない。
しかし言うことは聞かなくなる(戦闘中はランダム行動)

スキルの強化
成長(Ⅰ→Ⅱ)と進化(Ⅰ→上位スキル/Ⅱ→全体スキル)の2種類がある。
スキルを2回強化(成長、進化どちらでも)すると好感度+1。

強化例
 成長【アギⅠ】→【アギⅡ】 威力が多少上昇する、消費はそのまま。BS付与がつく場合もある。
 進化【アギⅠ】→【アギラオ】威力が大きく上昇するが、消費MPも上昇する。
Ⅱ進化【アギⅡ】→【マハラギ】全体魔法に変化
同様に、
 成長【ディアⅠ】→【ディアⅡ】
 進化【ディアⅠ】→【ディアラマ】
Ⅱ進化【ディアⅡ】→【メディアⅠ】
Ⅱ進化【メディアⅡ】→【メディラマ】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。