運動史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

これまでに行われた運動をイデオロギーに関わらず持ち寄ってください。
必ず「方法・利点・欠点」を含めて書いてください。

目次


ベトナムに平和を!市民運動

ベトナムに平和を!市民連合(ベトナムにへいわを!しみんれんごう、略称「ベ平連(ベへいれん)」)は、日本における代表的なベトナム戦争反戦平和運動団体。なお「運動団体」といっても規約も会員名簿もなく、何らかの形で平和運動に参加した人や団体を「ベ平連」と呼んだ。
「反アメリカ」であるものの、既存政党とは一線を画した無党派の反戦運動であり、基本的に「来る者は拒まず・去る者は追わず」の自由意思による参加が原則で、その「いいかげん」とも評された程の自由な雰囲気により、労働組合や学生団体などの様々な団体のみならず、学生から社会人や主婦など、職業や社会的地位、保革などの政治的主張を問わず、多くの参加者を呼び寄せる事になった。
その後1966年10月16日に名称を「ベトナムに平和を!市民連合」に変更し、全国に活動が広がって行った。しかしベトナム反戦活動が、左翼的な学生活動との関係を強くしていきイデオロギー色が濃くなっていく中で、日本赤軍の主要メンバーとなる丸岡修のようなテロリストが入りこんだり、下記のような違法活動の実施やアメリカと対立するソビエト連邦政府からの援助を受けるに至り、開高健をはじめとしてこれらの左傾化を嫌い運動から離脱していくものが増加した。