※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮坂 火紡(みやさか ほづみ)


16歳、男。
先祖に悪魔がいる獣人と人間のクウォーター。
黒髪、黒目、小柄、つり目がちのややひねくれた毒舌少年。
幼少期に魔王軍に住んでいた街を襲われた際に姉に庇われ、自身はほとんど無傷で生還する。
だがその時の惨状のショックで、はるか昔の悪魔の血が隔世遺伝する。

普段からぶっきらぼうな態度を取り、あまり人を寄せ付けない雰囲気を漂わせようとしているが、根がお人好しというかツッコミ体質というか、苦労性というか、いつの間にかせかせかと誰かの世話を焼いている、いわゆるオカン。
文句言いながらも頼まれ事や約束は必ず守る律儀な性格。
面倒見が良いから、本人の意にそぐわない人気がこっそりあったりする。
運動神経は、あまり良くない。

シスコン。
とにかく姉が最優先。
ふらふらと飛び回る姉の世話やら後始末やらでいつも忙しい。
姉の今の状態は自分のせいだと思っており、何とか治す術は無いかと時間を縫っては図書館に通って医療書やら何やら読み漁っている。
姉を治すには魔力を制御する力が必要だと考え、コルームへの入学を決めた。

火紡の体内を流れる血そのものに魔力が宿っている、特殊な体質を持つ。
(悪魔の血が隔世遺伝したことで発現した。)
それはとても危険なもので、空気(酸素)に触れると即座に発熱・発火する性質を持つ。
ある程度は火紡の意志でコントロールできるが、大量出血した場合などは制御不能となり、炎が全身から噴き出すという欠陥付き。

コントロールとニュートライジングのイデアジュエル
制御と中和のイデアジュエルがはめ込まれた腕輪を両手に付けている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|