※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奇子 大可(くし ひろか)


人間の女性。28歳。
色素の薄い黒髪で長髪。あどけなさの残る容姿と、異性を引き寄せる魅力を持った不思議な女性。
常に微笑を浮かべ、その表情が変わることは無い。
微笑の仮面を貼り付けていると言ってもいい。
生まれは平凡だが、20になるまで一度も外出をしたことがない。
その間、実家の地下にずっと住み続け、他種への実験という名の人の欲望を見続けていた。
心が壊れているわけではなく、ただ単に、他の生き物とは造りが違うというだけ。
実夫や色んな人間に犯され汚され、しかし異常という感覚も無くそれを受け続け、その環境が大可に魔法を発現させるに至った。
二十歳になったその日に、輪廻が発見し連れ帰った。

異思疎通「ミューチャルオブハート」
自分が地下で感じたことや見てきたこと思ったことを他人に分け与える魔法。
追体験するようなその感覚に、与えられたものは人魔天関わらず発狂する。
また、これは他人のトラウマを自分も追体験できる魔法で、大可が心のどこかで他人を理解してみたいという願望の現われ。
三重連世界革命委員会に参加した理由は、ここにいれば様々な存在と接触する機会があるであろうと輪廻に助言されたことから。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|