※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベンジャミン・ウォレス


ノーヴェル出身の魔道騎士。
肩までちりぢりに伸びた茶色の髪と少年のようにキラキラとした目を持つ、素朴ながら精悍な顔の青年。身長180cm。22歳。

生まれは生粋の騎士の家系。獅子の家紋は受け継がれてきた誇り高き血統の証である。
日々鍛錬を怠らず、元からある剣の才能も手伝って実力だけを見れば人間としてはかなりの上位クラス。
なのだが、若干気弱で臆病、かつ心配性なところがあり、実戦経験の少なさも手伝って本来の力を引き出せていない。未熟な精神性は自身が持つ後述のイデアジュエルにも影響を及ぼし、今現在はほとんどただの木偶の坊。

「こんなにも情け無いままでいいものか」と悩む青年の内には、まだ彼の知らない勇気が時を待ちわびつつ静かに眠っている。

身の丈ほどあるクレイモア型の魔装具『ブレイブハート』に宿るのは、勇気のイデアジュエル。使用者の勇ましき心が尽きない限り、決して折れない堅牢さを魔装具に、決して萎えることのない剛力を使い手に与える、シンプルながら強力なイデアジュエルである。しかし、ひとたび使い手が恐怖や不安、躊躇い、絶望、諦めを心の片隅にでも抱こうものなら、たちまち効力を失ってしまう。
真に力を手にするのは、真に勇気を抱き続ける者のみである。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|