※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴォーダン・グングニル


天界出身。天界の主神でありながら三重連世界革命委員会幹部。

暗き漆黒に身を浸した隻眼の風貌。戦争と死を司り、イデアジュエル無しで易々と魔法を行使する事も出来るまさに全知全能の名にふさわしい神である。

が、その性格は傲慢にして貪欲。欲しいものを手に入れるためならどんな代償も厭わず同じ神すらも欺く。

クアドラとは兄妹だが、その愛は兄妹愛というレベルを超えてしまっており、その歪んだ想いは世界を超える。だがクアドラはそれに気付かない。

天界の現体制ではいずれ衰退すると見越し、三連革会側から人界魔界を利用しつつ天界の進化を促そうとしている。


真大神装グングニル
槍型魔装具にしてヴォーダンをヴォーダン足らしめる最強の武器。戦馬【スレイプニル】、速考【フギンムニン】、狼牙【フレキゲリ】、進化【エボリューション】のイデアジュエルで構成されていたのだが現在は進化のイデアジュエルが失われている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|