ここT廃棄案

〈動物使役〉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分類

知識技能

難易度

難(Ha)

代替技能

知力-6、

概要

動物を訓練し、働かせるための技能です。
動物を訓練する場合、〈動物使役〉の技能判定を毎日一回行って下さい。
判定に失敗するとその日の訓練は失敗になります。
訓練に要する時間は、動物の知力と、訓練内容のレベルによって決まります。
動物を働かせる場合、ひとつの命令毎に技能判定を行います。
この技能をうまく使えば、野生動物や猛獣、訓練されていない動物をおとなしくさせることも可能です。
また、〈動物使役〉15レベル以上のキャラクターと戦う時、動物の命中判定、防御判定に-1して下さい。
20レベル以上なら-2です。

修正

動物があなたに慣れていない:-5
動物が落ち着きにくい状況:-5
命令が複雑:-5
動物共感を持つ:(動物共感の効果で)+4
何らかの効果で動物に意思疎通ができる:+1~

動物の調教

調教師は、二時間ずつ二回に分けて一日四時間費やして調教する。
  • 調教のレベル
 レベル3(平均的な爬虫類レベル)
主人を理解する。主人を攻撃しない。
 レベル4(平均的な馬や鷹)
自分の動きに合った命令を聞く。主人が指定した相手を攻撃しない。
自分の名前を理解する。
 レベル5(平均的な犬)
レベル4に加え、命令できる内容が増える。危険に気付けば主人に知らせようとする。
主人のために命がけで戦おうとする。
 レベル6(平均的な猿)
レベル5に加え、更に複雑なこともできる。
動物の知力 レベル3 レベル4 レベル5 レベル6
3 60日 不可能 不可能 不可能
4 30日 360日 不可能 不可能
5 7日 180日 360日 不可能
6 2日 90日 180日 360日
  • 関連項目

更新履歴

取得中です。