現在-人がオンライン


福島第一原発の事故によって多大な被害を受けている福島の方たちのための避難先まとめ情報wikiです。福島市の市民グループ「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」と連携させていただきつつ、ネット上にある情報を収集し掲載しています。簡単な操作でどなたでも編集できます。【wiki参加者の方へ】wikiの編集について(テンプレート、タグ集)をご覧ください。
情報をお持ちの方はご提供をどうぞよろしくお願い致します。

情報の確認についてお願い

情報の内容は数人体制で確認し更新に努めておりますが、念のため、情報元リンクにて情報の更新がないか確認されてからお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

NPO法人『チェルノブイリのかけはし』代表 野呂 美加さん講演の動画より抜粋

子供の被ばくを減らす為、物理的に高い放射線量から離れる。
内部被ばくで体に放射線量が計測されたとしても、保養として、1ヶ月安全な場所に疎開をすると、体に放射線量が計測されないで0になるというのが25年の経験で分かっています。
なので、毎日何年も浴び続け、吸い続けるのではなく、保養、疎開をして、体の放射線量を減らしましょう。

避難所を探す

地方名

海外

対象者別で探す

避難の形態で探す

リフレッシュ、一時的な避難
長期的な避難

期間で探す

避難先の形態で探す

その他の条件

金銭面

生活面

社会生活面

その他



現在まで避難・疎開のご支援をいただいた団体さま

その他リンク




【東京都】【民】「東京里帰りプロジェクト」東京助産師会母体。妊産婦さんを東京で受け入れています

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


(情報掲載日:2011.05.12)

『東京里帰りプロジェクト』は、「寒い被災地にいる妊婦さんや赤ちゃんに一刻も早く安心できる環境・温かいお部屋と食事を!」をスローガンに、東日本大震災で被災され、東京に避難を希望する全ての妊産婦さんが東京に避難し、安心して産前産後の生活を送れるよう、東京都助産師会を母体として始動したプロジェクトです。

☆被災地の妊婦さんへ☆
妊産婦さん事前確認事項
対象は、妊娠中~産後1年までの被災者の方です(上のお子さんがいらっしゃっても大丈夫です。ご家族で、という方もご相談ください)

◆出産:
出産は、助産院または提携産婦人科でできます(出産一時金制度の救済策により、妊婦さんはどこでも42万円で自己負担なくお産が可能です。42万円には通常の4泊5日入院費用も含まれます)。

◆産後入院:
通常の4泊5日入院以降の滞在(産後入院)を、助産院でできます。(2-3週間を想定)
被災地でお産をした場合や、提携産婦人科でお産をした場合でも、産後入院は助産院で可能です。
産後入院費用は、1泊2千円で3食付、産後のケアを受けられます。支払いが難しい場合は基金から全額充当することも可能です。
出産~産後入院中は助産師が24時間常駐です。(妊娠中・ホームステイ中も助産師による出張ケアあり)
助産院滞在中に、お住まいに戻られる方、都営・県営住宅の空き待ちをなさる方、一般家庭にホームステイなさる方、のご希望を伺い、おひとりおひとりの希望に沿った案内をさせていただきます。

◆一般家庭のホームステイ:
受入家庭からは、プライバシーを守れる個室をご提供いただいております。
出産直後の「産褥期」は、妊娠・分娩によって生じた全身の変化が徐々に妊娠前の状態に回復する大事な期間です。
赤ちゃんのお世話をする以外はとにかく横になり、寝たきりでしっかり体を休めることが不可欠です。
出産時、母体からは、赤ちゃんのみならず、胎盤や血液や羊水が一気に出ます。ホルモンの状態も大きく変化しますし、出産後1ヶ月近くは「悪露」といって子宮からの出血も続きます。
日本では古くから産後の過ごし方について「二十一日間は安静にし、水仕事等も避けるように」と言われていますが、その言葉に従い、少なくとも産後3週間は、「見た目が出産前と変わらないし動けるから」と軽視せず、十分な養生が要されます。
とりわけ被災された妊産婦さんは非常時の身体的・精神的ストレスがある中、安心する生活を送ることができるよう迅速に配慮する必要があります。
自然で満足なお産をサポートする心強い味方となるのが、助産師が営む出産施設である助産院です。
助産師が、妊娠~出産~産褥の経過が正常であることを判断しながら、アットホームな雰囲気の中、親身に母のケアにあたります。
助産院で取り扱えるお産は正常妊娠・分娩に限り、妊娠中期と後期には提携している嘱託の産婦人科医師の診察を受け、正常な経過を確認します。
(妊婦さんは、東京移動後に健診を受けていただき、必要に応じて提携病院でのお産となります。)
お気軽にご相談ください。


避難を希望される妊産婦さん、ならびに本プロジェクトに関するお問い合わせは下記までお願い致します。

住所: 〒112-0013 東京都文京区音羽1-19-18 財団法人 東京都助産師会館 2階
一般社団法人 東京都助産師会
東京里帰りプロジェクト事務局 担当:丑田(うしだ)
080-3915-9923 (10:00 ~ 16:00)
  

姉妹サイト


お知らせ

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」経由の情報をご覧になって避難された方は、避難後のサポートも致しますので、お手数ですがへ下記連絡先へご連絡いただきますよう、お願いいたします。
電話 080-4322-1140
e-mail: npo.iiyo@gmail.com
(担当:煙山)

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク自主避難証明申し込み書

私たち「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」は、子どもの命と健康を最優先と考え、また、人間として健やかに生きるという当然の願いを行使したいと考えるすべての人に、この証明書を発行いたします。
法的な効力はございませんが、新しき土地へ飛び立つ福島の人たちへ、受け入れてくださる自治体の皆様が最大限の配慮とご厚情を示してくださいますよう、切に願います。ダウンロードはこちら

更新履歴

取得中です。

関連ブログsearch


アクセスカウンター

合計: -
今日: -
昨日: -
トップページの合計: -

アンケート

差し支えなければあなたについて教えて下さい
選択肢 投票
避難する予定はない (140)
家族友人のために避難所を探している (45)
現在避難を検討している[家族全員] (172)
現在避難を検討している[母子のみ] (481)
現在避難を検討している[子どものみ] (124)
リフレッシュするための情報を探している (578)
避難中 (106)

ある程度長期の避難を検討されている方にお伺いします。避難先はどのあたりをお考えですか?
選択肢 投票
なるべく遠く (63)
仕事に通える範囲内 (15)
週1回家族と会える範囲内 (92)
月1回家族と会える範囲内 (39)
半年に1回家族と会える範囲内 (5)


お住まいの地域はどちらですか?
選択肢 投票
浜通り (86)
中通り北部 (237)
中通り中部 (197)
中通り南部 (21)
会津地方 (13)
その他 (13)

※現在避難中、または避難(リフレッシュ疎開を含む)を決定されている方にお尋ねします

避難先の情報はどちらで手に入れられましたか?
選択肢 投票
各自治体のHP (29)
ニュース (2)
twitter (8)
mixi (2)
情報ブログ (43)
当wiki (61)



#twitter_badge