※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 彼は、だからこそ何も出来なかった。
 目の前にあるのは一つの凶器。
 戦いのために振るわれる拳と。
 殺しのために振るわれる銃と。
 それらは今、何の力も持たない彼を簡単に追い詰める。

 一瞬、その油断だけで、彼は窮地へと陥った。

 それ故に、死の瞬間すらも一瞬だった。

 タクト・エトミヤの一生はあっという間すらなく幕を閉じる。


 ――


 ネゥ・トロワロゥは憤慨していた。
 ここは死の戦場。
 殺せるものは殺し、抗うものは抗う。
 その中には絶対の有利不利があると少なくとも彼女は思う。
 そして尚且つ、それがいい。
 彼女は有利不利を楽しむ存在であるし、そのためならば自身を傷つけることすらしよう。

 だからこそ、許せなかった。

 彼女の力に制限が掛かっている。
 その事に、直ぐに気がついた。
 そして、それ故の憤怒。

 ネゥは許さなかった。

 対等などありえない殺し合いに対等を持ち込んだことを。
 だから決めた、全て殺す。
 不利である有利である状況を作り出す。

 そのために彼女は、このゲームの主催者すら殺す決断をした。


 ――


「運命ってわかるかしら? 偶然とか必然とか」

「なんだぁ、なにを唐突に」

「暇なのよ。人間もいないし悪魔もいない、ここにいるのは狂人だけよ?」

「おめぇそれ全部賄えるじゃねぇかよ」

「自家発電よ」

「…………」

「サキュバスって知ってる?」

「脱線」

「運命って何? それを決める必然ってなに?」

「ベリィィィイイメロンだ。それ以外にはありえねぇ」

「つまり、そう言うことよ」

「なるほどなぁ……て、ぉぉおおおおおおい、流石の俺もそれには賛同できんぞぉおおお!」

「そう言うことなのよね」

「私にとってベリィメロンは即ち全てだ! 運命などと言うただ一単語で語れるものかぁぁぁぁあ!」

「そう言うことなのよ」

 繰り返す。
 レミリア=スカーレットは何度でも繰り返す。
 無言で、無音で、無法で、それだけは幾度となく繰り返す。
 そもそも繰り返すどころの話じゃあない、レミリアも人が悪い、解りきったことをまるで空気のように言うのだ。
 それほど暇だったのだろう。

「運命とはつまりそう言うことよ、全て、全てなのよ。
 誰かと会話をするのは運命であるし、誰かを憎むのはつまり運命。
 わかるかしらね、つまり――」

 構える。
 たったそれだけだった。
 紅を持つ血。
 それが一つ、世界から抜け出る。
 しかしそれは抜け出ないまま、当然のように、雪山の、その場所へ叩き込まれる。

「が、ぎゃがぁああああああああああああ!!」

 中村栄一、隠れることを選んだ人間の末路は、酷く単純なものだった。

「こういうこと、なのよね」

 それをビクトリームとウーは酷く不思議そうに見ていた。


 ――


 ネゥの手元にあったのは銃とラジオ。
 どちらも彼女からしてみればすさまじく技術の必要な代物だった。
 それに彼女は、どうしようもない有利を感じたのだ。
 優越。悦に浸ると言っていい。

 そうしてだからこそ、彼女は圧倒的な状況で敵を圧倒していた。

 相手は杖のような枝のような、言うなればヤドリギとでも言うべき木から、力を放つ。
 能力を使用しない、銃というのも使用には慣れず、あくまで近距離の専門であったネゥからしてみれば不利な話だ。

 シェルシア・ダーク。

 この殺し合いに巻き込まれた、単純な姉妹の姉である。

「……おつよい、ですわね」

 それでも、ネゥはシェルシアを圧倒していた。
 それは単純な年の功か、それとも技術の問題か。

 幾多かの魔法を操る少女の、手腕を持ってなお、舞い続けるネゥには届かない。

「貴方もよくわからない方ですね。一人では苦戦をするのは当然のはず。
 だったら何故戦ったの? 貴方は強すぎはしないですが、一人前とはいえたはず」

「……愚問ですわね」

 ヤドリギを、少女は構える。
 ネゥという敵を持って。
 それを迎え撃つ為に、あくまでそのためだけに。


「それが、人生ですの! わたくし、シェルシア・ダーク、たった一人の!」


 そこから迸る、幾重の雷。
 速度を知らない電光石化!

 けれどもそれを。

「……納得、不利な人間だったんですね」

 ネゥはただ一度、軽く飛ぶだけで、回避した。
 そうして、今まで遣うことのなかった殺傷能力を、そうしてから解き放つ。


「大好きですよ、そう言う人」


 どうしようもなかった事だ。
 目の前で、悪意を込めて、人が殺されて。
 飛び出さないと言う選択肢は、なかったのだ。



【場所・時間帯】F7 寒村 昼前

【名前・出展者】ネゥ@トロワロゥ@戦争系
【状態】健康
【装備】拳銃(種類は不明)
【所持品】ラジオ@某テイルズ 基本一式×3 不明支給品×2
【思考】
基本:有利不利を余すところなく堪能し、全部殺す。
1、イイカンジですよ。
2、さて、どうしようかしら。

【ラジオ@某テイルズ】
ナナカが始めて弄った機械。
超性能、ただしここでは何の意味もないためただの工具箱。
-ドライバーは紛失中。



 ――


「つまり、ね」

 もう一度、レミリアは構える。
 終わりではなかった、一つではない。
 運命とは、一度変わってもまた替わる。

「ぁぁぁああああああああああ!!」

「こうやって、誰かを殺すことも、運命なのよ」

 目の前に、少女が飛び出してくる。
 レイン・ダーク。
 その行動原理は、皮肉にも自身の姉とまったく同じだった。

「神槍「スピア・ザ・グングニル」――――」

 紅く放たれる宣言。

「意味は、必ず穿つ」

 まるで、一つの運命のように。

 そうしてもう一度、紅は舞った。


【タクト・エトミヤ@Knight Turtle's Story 死亡】
【中村栄一@列車 死亡】
【シェルシア・ダーク@三つ巴の世界 死亡】
【レイン・ダーク@三つ巴の世界 死亡】

【場所・時間帯】青色エリア・F6・雪の中・昼前

【名前・出展者】レミリア・スカーレット@東方project
【状態】健康 ちょっと魔力消費
【装備】ロベルタの傘@BLACK LAGOON、ビクトリームの魔本@金色のガッシュ!!
【所持品】基本支給品一式、ほんやくコンニャク@ドラえもん(使用済)、不明所持品1品
【思考】基本:ウーを利用しつつ、ゲームに乗り優勝する。ウーは使えなくなったら殺す
1:暇ねぇ、暇そうねぇ。
2:こいつ等、どう利用してやろうかしら
※雨は無理だけど、雪ならセーフのようです
※ウーの言葉が分かるのは、ほんやくコンニャクを食べたからです


【名前・出展者】ウー・クリストファ@いぬ
【状態】健康
【装備】ソーディアン・アトワイト@テイルズオブデスティニー
【所持品】基本支給品一式、ベリーメロン@金色のガッシュ!!、不明所持品1品
【思考】基本:レミリアについていく。レミリアには信用しきっている。ビクトリームは遊び相手
1:うー♪
2:ビクトリームって、おもしろいなぁ


【名前・出展者】ソーディアン・アトワイト@テイルズオブデスティニー
【思考】1:い、一体なんなの……?
2:で、彼女達は何を喋ってるのよ
基本:出来る限り助言はする。また、もし持ち主が殺し合いに乗ったらなんとか説得する
※ロワ内では誰でもソーディアンの声を聞くことができます
※また、威力は落ちるもののソーディアンさえ持てば誰でも晶術を扱えます

※相変わらず状況が把握できていません。

【名前・出展者】ビクトリーム@金色のガッシュ!!
【状態】尻と股間にダメージ小
【装備】無し
【所持品】基本支給品一式、不明支給品1~2品
【思考】基本:優勝する
1:ベリー・シィィィィット!!
2:なるほど、わからん。
3:今はレミリアに従う
4:どうにか魔本を取り返す

前の話
041 もち巾着っておいしいよね

次の話
043 アロハ悪魔
|