※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わ、私はお前がほしい!」


そんな台詞を言われて思い出すものといえば、某武闘ロボットアニメの主人公ではなかろうか。
最終回にてヒロインに向かって「お前が好きだァァァ! お前が欲しいィィィ!!」と全国放送されてる中で恥ずかしげも無くプロポーズし、なんやかんやで結婚してしまったあの主人公である。
因みに、ちょっと名前が似てるFFIアメリカ代表の不気味な小枝に見えなくもない自称ファンタジスタは土門飛鳥である。いやどうでもいいが。

さて、突然見知らぬ女の子からそんなプロポーズ染みた台詞を言われてしまったヒロト。正確には、その言葉は彼の持つPETとその擬似人格プログラム――ロックマン.EXE――に向けられたものなのだが。
数秒の硬直の後、なんとか我に返ったヒロトは脳みそをフル回転させた。今まで宇宙人とサッカーしかやってなかったヒロトには、こんな時どういった返答をしていいのか分からない。
表情を変えないまま、内心でじわじわと焦りが生まれてくるのを感じ始めた時――彼は、“あること”に気がついた。

(あれ? もしかして、この子……)


「な……ななな、いきなり何を言ってるんだ、お前は!!」

沈黙を破ったのは輪廻だった。心なしか、顔が少し赤い。しかも声色も何処かテンパっている感じがする。

「い、いきなりお前がほしいって……ひ、ヒロト! この子と知り合いなのか?」
「ううん、知らない」
「知らない相手にいきなりなんてこと言うんだお前はーーーーッ!!」

――あ、しまった。馬鹿正直に答えないで、そういう意味で言ってるんじゃないんだよって教えてあげればよかった。
後悔するが時既に遅し。目の前の見知らぬ少女は首を傾げた後、言い放った。

「私はただ、改造したり分解してみたいだけだ!」
「はぁ!?」

僅かに赤らんでいた程度だった輪廻の顔が、トマトの如く真っ赤になった。

(おいおいおい……自分好みに改造した後に分解って。すげぇ趣味だなこのガキ)

傍観していたレヴィは華麗且つ盛大に物凄い勘違いをしつつ、あえて何も言わないで彼女達のやり取りを見守った。
一方ヒロトは、口を挟めない空気を感じて言い合いの場所から一歩離れていた。

『びっくりしたよ。まさかヒロトくんが、その、』
「ああ、あの告白。多分、オレに向けられたものじゃないと思うよ」
『えっ? どういうこと?』

驚くロックマン。ヒロトは「ちょっと残念だけどね」と微笑する。

「彼女、オレじゃなくてキミを……ロックマンを見てたんだ」
『え、……ええっ!?』
「多分、キミを渡してほしいってことじゃないかな。珍しい機械だし」

でもね、とヒロトは続ける。

「オレはキミのこと、誰かに渡したくないなって思ってる」
『え?』
「身を守る手段の一つっていうのもあるんだけど、折角の友達と別れたくないしね」
『ヒロト、くん……』

ロックマン.EXEの本来の持ち主である少年を思い出し、彼は、プログラムの心がほんの少しだけ温かくなったのを感じた。



『――で、何時その事を言うの?』
「彼女達がもう少し落ち着いてからにするよ」

しれっとした態度で言うヒロトに、ロックマンは液晶の中で溜め息を吐いた。


【場所・時間帯】B5・朝・町の入り口

【名前・出展者】ナナカ=コトハナ@某テイルズ
【状態】超☆ナ☆ナ☆カ☆状☆態
【装備】25オート
【所持品】大量の-ドライバー専用螺子
【思考】
基本:殺し合いとかどうでもいいから機械をよこせ
1、いいからいじらせろ
2、村(?)を目指す。
3、-ドライバーを探す。
※寒村にも興味を持っています。

【名前・出展者】基山ヒロト@イナズマイレブン
【状態】正常
【装備】PET(ロックマン)@ロックマンエグゼAXESS
【所持品】基本支給品一式、チップセット@ロックマンエグゼシリーズ、綱海のサーフボード@イナズマイレブン
【思考】
基本:殺し合いには乗らない。このゲームからの脱出
1:女の人って恐いよね
2:2人が落ち着いたら誤解を解きたい
3:木暮くんと立向居くんを探したいな

【名前・出展者】命輪廻@東方二次幻想
【状態】正常、けっこう凹んでる
【装備】ストライプI&II@Panty & Stocking with Garterbelt
【所持品】ラジカルレヴィのコスチュームセット@BLACK LAGOON
【思考】
基本:打倒てんこ・祈祷を探す
1:一体何を言ってるんだこいつはーっ!
2:目の前の少女に何かしらの対応をする
3:祈祷を探したい

【名前・出展者】レヴィ@BLACK LAGOON
【状態】健康、呆れてる
【装備】バックレース@Panty & Stocking with Garterbelt
【所持品】基本支給品一式、不明支給品一品
【思考】基本:乗り気ではないが、面倒な相手はブッ殺す
1:うわぁ
2:銃火器は手に入ったしまあいいか

【名前・出展者】ロックマン.EXE@ロックマンエグゼAXESS
【思考】
1:えぇー……
2:レヴィのことが気になる
3:ヒロトと輪廻を出来る限りサポートする

前の話
032 温泉と三人

次の話
034 ルーミアーガクールヨー
|