※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「殺し合い……殺し合いねぇ」

 ぽつぽつと、独り言を漏らすのはあたし……秋冬春夏である。
 人間以上妖怪未満、正しくはほぼ妖怪のご老人。
 百を超えれば妖怪も体外老人である。
 大妖になりたかったら千年は欲しいな。

「まぁいいか、死ぬときゃ死ぬのが妖怪だからね、まずはルミャでも探そうかなー」

 特に殺す必要性もないし。
 ルミャどうしてるだろ、人喰ってないかなー、喰ってると後が大変なんだよねー。
 まぁいいか。まぁいいか。

 で、こっからが本題。
 何かといえば現状確認だね、それ以外にやること無い。

「さて……」

 辺りを見る。
 うん、荒廃してる。
 見ると遠くに森と火山と塔が見える。
 ふぅん。

「なるほどねー、地図的には私は『F2』の辺りになるのか」

 飛んでみようかな?
 森を抜けるのは面倒そうだ。
 それに誰かに見つかると面倒になりそうだし。

 ……あたし自身、今のとこルミャを探す以外は考えてないしね。
 全員が全員殺し合いに乗るわけじゃない……だからこそ余り人とは関わりたくない、かな?
 何せここは人が簡単に死んでいきそうな場所だからねぇ、やっぱり余り人と関わりたくはないかな。
 関わってしまうとどうしても枷が増えるから。

 暫くは様子見、殺す殺さないはとかく、結局の所、あたしは何も考えてないわけだからね。

「とりあえずはこれ……か」

 そして目線を自分自身に移す、こんこんと首輪を叩いてみる。
 そういえばこの首輪っていつまで有効なんだろう。
 死んだ場合とか、機能してても意味が無いわけだから機能は解除されるんだろうか。
 たとえばあたしたち妖怪は首をふっ飛ばしてもしにはしない。
 つまり、首輪を無理やり引っぺがして爆死、首輪は飛んで私は首と胴体を元通りにして無事復帰……とか。

 いやいや無理だろうと、一つの事実を思い出して否定する。
 よくよく考えればこのゲームの主催はあの『比那名居』なんだ、あたしたち妖怪のことくらいちゃんと知っている。
 まぁ、馬鹿だから何も考えていない可能性もあるけれど、試す気に放れない。
 そもそもあたしは人間成分が少なからずあるんだ、死んだらどうする。

 というわけで却下、意識を別の――バックに移した。

「香霖さんの所で見たことあるな。
 なんだっけ……これ」

 忘れたけどまあいいか、とりあえず、地図を取り出したときに気になったものを出してみる。
 一つ目、

「名簿……かな? ……なんだろう、この並び、よぉわからん」

 ちょっと適当なところを目に通してみる。
 とある一段。
 さいしょに『タクミ・エンジュ』、次にルミャ、その次に『ナナカ=コトハナ』、つながりが見えてこない。

 で、二つ目。
 ううん? コレはなんだろうねぇ。
 反応にこまるぞー。

「銀製の箱? 鏡みたいだなぁ」

 顔がのっぺり映る。
 鏡っぽいけど鏡じゃない……『正しく反転させているわけじゃない』?
 いや、違うか。
 で、後ろを見てみるとこれは螺子かな? 形的に前に香霖さんに見せてもらった『-ドライバー』で空けられるものだろう。
 でもそれがない、自力で空けようとしてもどういうわけかびくともしない。
 これは放置かなー

 で、三つ目。

「あれ、コレ天の叢雲……げふん、霧雨の剣じゃないか、レプリカっぽいけど、よくにてるからか結構力のある代物だね」

 武器に使えそうだ。
 扱ったことないけど、これをメインウェポンにしてみようかな?

「脳ある鷹は爪を隠す、なんてね」

 まぁいいか、とりあえずルミャを探さないと。
 怖い人につれていかれてませんよーに!

【紫色エリア付近 F2・朝】

【名前・出展者】春夏@暁
【状態】健康
【装備】霧雨の剣@東方
【所持品】銀製の箱@オリジナル デイパック一式
【思考】
基本・まずは様子見、とりあえずは殺さない。
1、まずはルーミアを探そう
2、-ドライバーってどこにあるのかな。
3、飛んだりすると危ないからよしておこう。
※特に行き先は決めてませんが他人とは接触を絶つ方向です。
※場所は火山と塔の中間辺りです。

前の話
018 【嗚呼華麗なるビクトリーム様】

次の話
020 闇は闇を喰らう
|