※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…やれやれ、とんでもない事になったもんだ」

男が、そう呟いた。
彼の名は「ストレイト・クーガー(21)」。想い人を待たせている、最速の足を持つアルター使いである。

「格好良く見送ったって言うのに…これじゃまた文化的二枚目半になっちまう。みのりさんに嫌われるなぁ」

『文化的であること』と『速いこと』を何よりも自分の課題としている彼にとって、誰よりも文化的であり、誰よりも速いことが大前提である。
故に、その2点を満たしていないもの、又は自分よりもその2点が優れるものは、彼がもっとも忌み嫌うものである。
まして、自分自身が他者よりも遅い存在になるなど以ての外。

「…にしても、あんなに美しい女性が、あそこまで残酷な事ができるとは…正直驚いたな。
殺し合い、って時点で嫌な予感はしてたんだが…
って、何だこの車」

周囲を見回し、そこに放置されている車を発見した。
車種は不明だが、かなりのスピードが出る車のようだ。

「…俺のために、こんなモン用意してくれたってのか?用意周到なこった」

そう皮肉を言いながら、少しずつ出発の準備を整える。

「まずは、人が集まりそうな場所にでも行くとするか。この辺りだと…」

地図を広げ、現在地と目的地を確認する。

「―――風力・温度・湿度、一気に確認」

見つけ出した最速のルートに向かって、

「いろいろ面倒だろうが、まあやってやりますか!」


男は、走り抜ける。
愛した人のいる世界へ、最速で帰って行くために。



【場所・時間帯】C1~B1・草原・朝

【名前・出展者】ストレイト・クーガー@スクライド
【状態】全力疾走中。至って健康。
【装備】車
【所持品】不明支給品2つ 
【思考】基本・最速で帰還する
1,とりあえず近くの市街(水色エリア)へ急ぐ
2,敵は最速で撃破

次の話
013 天才中学生 参戦

次の話
015 シスコン弟、現る
|