※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……あー、やなもん見ちゃったわ全く」

黄色いポニーテールの髪の毛、赤い瞳が印象的な少女――メリーが、自分の髪の毛の先を弄って、そうつぶやいた。
彼女はHeroes Academyにかようごく普通(?)の11歳だ。
身体能力はお世辞にもあるとはいえないが、その手先の器用さでさまざまなものを生み出す。
でも――所詮11歳。
先ほどのような衝撃的なシーンを見せられ、殺し合いをしろといわれ、彼女は、今――。

「……にしても、暑いわ、ここ」

活火山のふもとにいるのだった。

「支給品……チェックしといたほうがいいかしら」
メリーはデイパックを開いた。中からでてきたのは……。
「……こんなもので戦えと言うの?」
ごぼう。掃除機。以上2点。
掃除機は改造さえすればなんとかなるだろう。問題は――ごぼう。
ごぼうとかいらなすぎるから。生じゃ食べられないから。好きじゃないし。
まあ、料理ができるひとを探せばいい。っていうかごぼうまるまる入れただけで調理道具ないのかよ。

ついでにメモ帳やら名簿やらも入っていた。
――知ってる人いないかな。
名簿を軽い思いで見ていたら、もののみごとに知らない名前がずらり。
「あっちゃ~……お、フェンがいるじゃん。あ、シェルヴィもいるー。タクミさんもだ。……え!? アニタもいるの?」
と一喜一憂していた。
「いのりんとかめぐるせんせいとか、あと………!」
そこに、彼女の忌み嫌う名前を見つけた。
自らの兄の名前。兄ではないと信じたい人間の名前。

「ティルも……参加してるのか」


この時点で、彼女は自分のするべきことを見つけた。
それは一瞬で決まった。


「決めた。ティルを殺そう。そうしないと清算がつかないわ」

……そして彼女は、また一つの目的を見つけたのだった。
「まずはこのクソ暑いところを抜け出さなきゃ……暑い……」

*************************
【場所・時間帯】E2・火山のふもと・紫色エリア・朝

【名前・出展者】メリー・シュワンツ@Heroes Academy
【状態】元気(それにしても暑いぃぃぃ)
【装備】
なし
【所持品】
ごぼう、掃除機
【思考】
大前提:ティルを殺す
 1.まずはこのクソ暑いところを逃げ出そう
 2.ティルを探す


前の話
003 ある意味これもトゥーハンド

次の話
005 【殺戮王者ロワキング~ザックの冒険編~】
|