原発について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的に、放射性物質は粒子なので、避ける方法は花粉症対策と同じような感じです。

わかめを食べると良い、イソジンを飲むなどはデマです。特にイソジンは危険なのでやめてください。メーリスで一時流れました、放射性物質を含む「黒い雨」が降るというのはデマです。くわしくはデマ情報参照。

・放射能対策(吉田さんより)

1洗濯物は室内で干す
2外出時はできるだけ肌を露出しない (帽子、手袋、マスク、水で濡らしたハンカチで口を覆う、 絆創膏で傷口をを塞ぐ
3玄関前で上着をはらう
4帰宅直後にシャワー
5換気せず家の中を気密
※2、3特に高濃度の地域
ポリエチレン製レインコートとポリ手袋、防塵マスク、ゴーグル
外出した際、使用したコートなどは捨てること。
靴は外出するときポリ袋で二重に包み輪ゴムで止める。


 

三号機で水素爆発

原子炉が入っている格納容器自体は損傷していないと考えられる。

格納内の圧力は安定している。発電所正門付近で20μシーベルト/h の数値、大量の放射線量を示すものではない。中央制御室も維持されている。

注水作業は実施中のまま作業員が待避した。現在は作業実施中かどうかを目視確認中。

大量の放射性物質が飛び散っている訳ではない。三号機半径20キロの住民に屋内待避を要請。

南から北に風が吹いており、北側エリアの人はなるべく外に出ないように。(20キロ以内の人以外も)情報、安全が確認されるまでは屋内にとどまるように。

ソースはNHK。 

二号機、海水注入も燃料棒すべて露出の可能性

炉心溶融の危険があるそうです。現在は海水が入り始め、空だきにはなっていないとのこと。

二号機、半分程度まで水位回復。yahooニュースより

福島第一原発二号機圧力が上がり注水困難に。

再び燃料棒すべて露出、圧力が上昇中かどうかは不明。