※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルチ兵科

マルチプレイでは4つの兵科から選択して出撃する事ができる。
それぞれ役割や装備が異なったりするので、戦況に合わせて変えていくといいだろう。
なお、今作でも偵察兵が狙撃銃を使えるが、定点で狙撃するのだけは控えよう(ラッシュの防衛を除く)。
武器は兵科毎に固定されているが、一部の武器は全兵科共通で使用する事ができる。

突撃兵
主兵装はアサルトライフル。今作では衛生兵の役割も兼ねている。
救急キットを装備でき、ポイントが溜まるとアンダーバレルのグレネードランチャーが使用可能になる。
除細動器を使用できる為、前線維持をしたい時はこの兵科だと何かと役に立つだろう。
ただし、グレネードランチャーを装備した場合救急キットが使用できなくなるので注意。

工兵
主兵装はアサルトライフルやカービン、ショットガンなど。各種ミサイルも使用できる。
兵器の修理ができる唯一の兵科であり、兵器の近くに1人いると心強い存在。
ロケットランチャーは兵器に対する威力こそやや低下しているものの、対人では強力な武器となる。
反面、予備弾数が少ないのが欠点なのでスキルで補うか援護兵から弾をこまめに貰おう。

援護兵
主兵装は軽機関銃。爆弾や地雷、迫撃砲も使用できる。
弾の補給が行える唯一の兵科である為、存在意義は大きい。
また爆弾や地雷の存在により、他の兵科よりも対戦車攻撃能力は高い。
汎用性が高い兵科なので、できれば優先的に強化したいところ。
ただ、迫撃砲を手に入れたからと定点でずっと爆撃するような事は控えた方が無難。

偵察兵
主兵装は狙撃銃。ビーコン等の支援アイテムを運用可能。
勘違いされがちだが偵察兵は偵察兵であって狙撃兵ではない。
その為「定点で狙撃」する行為は嫌われがちなので注意しよう。
状況に応じて位置を変えつつ狙撃する行為は嫌われない。
また、今作ではキャンパー対策としてレンズが反射するようになっている為、敵に見つかりやすくなっている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|