※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

     87:名無し募集中。。。 2009/06/06(土) 05:29:14.54

徳永「キャプ~~!みんな連れてきたよ~~!」

生徒達の人だかりの中、どうやら徳永がキャプテンを見つけたらしい。
人ごみの中にキャプテンが倒れていると思っている、4人。中に入っていこうとするが、

徳永「みんな~~!どこ行くの~、こっちだよーー」
意外なことに、右のほうから徳永に呼ばれた


購買部のレジの所にキャプテンと徳永の姿を見つけた

須藤「キャプテン、大丈夫か!怪我はないか!焼きを入れられたと聞いたが・・・」

清水「えっ?なに?焼きって?いや、いたって元気だよ・・・・。・・・ちょっと・・・徳永くん・・・」

徳永を睨む5人。

ちょっと焦りながら
徳永「お、俺、ちゃんと伝えたよ。『キャプテンが購買部で新しく焼きそばパンが発売されてるから
                                みんなも早く来ないとなくなるって言ってるよ』って。 」

夏焼「あのカツゼツで、誰にわかるというんだね。君はのにゅ、のにゅ言っていただけじゃないか」

徳永「えっ、誰にって・・・・・・熊井には分かってもらえたみたいだぜ・・・・」
徳永が顔をパン売り場のほうに向けながら、ふてくされた様に言った。

徳永の目線の先に、5人が見つけたものは

熊井「見つけた。ついに焼きそばランドを見つけた」
両手いっぱいの焼きそばパンを抱えて満足そうな熊井の姿があった。



     176:名無し募集中。。。 2009/06/06(土) 19:56:53.34

喫煙者が大嫌いな熊井くん夏焼くん

清水「このあたりは道端の吸殻が目立つね」
夏焼「僕タバコは大嫌いでさぁ」
熊井「副流煙ってのが他人の健康に悪いんだってよ」


     197:名無し募集中。。。 2009/06/06(土) 20:47:33.42

徳永「ぷぷぷ」
清水「徳永くん何笑ってるの」
徳永「やめてやれよじゃなくてやめてくれよのくせになw」
須藤「デリカシーが」
清水「ないなぁ」


     267:名無し募集中。。。 2009/06/06(土) 23:46:38.70

 >>233
嗣永「どこ行くの熊井君。次、古文だよ。移動教室じゃないよ。」

熊井「ヤダヤダヤダ、古文もヤダ、きのこもヤダ、トマトもヤダ、ヤダヤダヤダ」



清水「起こしたほうがいいかな・・・。なんか汗かいて、うなされてるけど・・・。」


     271:名無し募集中。。。 2009/06/06(土) 23:55:09.46

 >>268

熊井「おいテメエ徳永なにしやがる」

徳永「げっ」

熊井「うーんうーん鼻をつまむんじゃねー徳永~ぶっころす・・」

清水「夢の中でも徳永に鼻をつままれてるのか・・・」


     364:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 02:46:37.43

夏焼「では、そういうことでよろしいですね・・・・。」

校長「いや、でも不味いよ、君・・・・・・」

夏焼「・・・・・・そうですか・・・残念ですね。
   この程度のことで、人生を棒に振る方がいらっしゃるとは・・・・」

校長「ま、ま、まってくれ、分かった。何とかしよう。しかし・・・・・」

夏焼「では、そういうことで・・・・」

放課後の校長室の机の上には、A4サイズの茶封筒から、何枚か写真が覗いている・・・・・
ソファーに座り、頭を抱え、膝をを見つめる校長。

ソファーから立ち上がり、ドアを開け、校長室を出て行く夏焼。

去り際、窓の外を見ながら・・・・ボソッと
夏焼「あいつらの嘆願のおかげと言うことにすればいいんじゃないでしょうか・・・・」

顔を上げ窓の外を見た校長の目には、
校門で、署名を集めている清水たちの姿が入ってきた。


清水「須藤くんが嘆願書、書いてくれたし、僕達もできることをしよう。」

嗣永「そうだね。みんなで行けるといいね。修学旅行。」

清水「  署名お願いしますー。 
嗣永   署名お願いしますー。   」


こんな感じでいかがでしょうか


     400:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 03:34:33.79

中澤組長「あ゙ぁ゙!臭いわ…!バナナの匂いがプンプンしよる…!ワシの前でバナナなんぞ食っとるのはどこのダボや…」

熊井「修学旅行ってすげーな!バナナ食い放題かよ」

清水「食べながら歩いちゃだめだよ熊井くん」

嗣永「ね、ねえ…なんかヤバそうな人がこっち睨んでるよ…」


     558:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 20:58:44.28

徳永と清水が一緒に居るとき梅隊と遭遇
清水が分析データから梅田を把握する

徳永「へっへっへ悪いね清水起こしてもらうどころか迎えにまで来てもらちゃって」
清水「徳永くん今学期の欠席数リーチから今日遅刻したら留年なんでしょ。この時間に出てれば絶対に間に合うね!このくらいの協力は惜しまないよ」
徳永「いやー友達っていいもんですねぇw」
清水「あ、あれは梅田・・・!」
徳永「あぁん?誰がブルキナファソ人だコラ」
清水「ち、ちがう!あっち見て!」
徳永「おお、なんだあの怪しいやつら」
清水「こ、こっち来るよ・・・」

梅田「のけ」
徳永「あん?今あいつホーケーつった?」
清水「ほ、ホーケーだなんて言ってないよ!退けっていったの!どけってこと!」
徳永「あ、なーんだw」
岡井「馬鹿だ!」
梅田「隣のカリ太(ぶと)あたまくんその馬鹿に教えてやれよ俺のこと知ってるんだろ?」
清水「か、カリ・・・きゅ、あいつはキュー学の頭、梅田だよ!実際に見るのは初めてだ・・・」
徳永「ぷぷぷwww」
清水「オホン!周りのやつは梅隊!梅田に鍛えられたカポエラ使いたちだ。それと隣にいる小さいやつが岡井!ディフェンスのスペシャリストだ」
岡井「よっくできましたw」
梅田「わかったらとっととどけよ。通れねーだろ」
徳永「やーだね」
清水「と、徳永くん!!」


     559:名無し募集中。。。 sage2009/06/07(日) 21:00:19.56

 >>558続き

徳永「カペペーラって知ってるぜ。ブラジルだかの足技の武術だ。おもしれー」
清水「カ、カポエラ!」
岡井「あいつやっぱ馬鹿だ!」
バス停のベンチに座ってチュッパチャップスをしゃぶる梅田
梅田「邪魔だなぁ。・・・やれ」
梅田の手下たちが徳永に襲い掛かる
徳永「よーいどん!」
流れるような足技で梅田の手下を数人あっという間になぎたおす
清水「徳永くんさすがだ!!しかもいつも以上に体がキレてる!」
岡井「そこまでだっぜ!!」
ビシィッ!!!
徳永の眼前に岡井が矢のように飛び出してきて足をホールドしてガードする
徳永「次はお前か南米ヤロー!!」
まばたきも許さぬ蹴りのコンビネーションを繰り出す徳永
それをすべて巧みにガードする岡井
岡井「全然び、きっかねーよ!」
徳永「噛んでんじゃねーよ!!ッラァ!!」
ブオンッ
初動動作の小さな徳永の大きな弧を描いたハイキックがかすかに残像を残して空を切る
岡井「っつーことでお前の蹴りは岡井くんにはきかねーんだよ」
清水「と、徳永くん出欠確認に遅れる!!留年しちゃうよ!!」
徳永「あああああああああ!!!!!!!やばい!!!鬼やば!!!ごめん俺もう行くわ!もう通っていいぜ!!」

岡井「行っちゃいましたね・・・騒がしいやつだ」
梅田「テコンドーか。お前最後なんでよけた」
岡井「へ、へい・・・」
梅田「どうした」
岡井「あいつの蹴り・・・ナタみたいなキレしてやがってガードした手がちょっと限界かなーって・・・ヘヘ」
梅田「お前がガードをやめるのは・・・スポーツマン以来だな」
岡井「やじぁーさんすね」


     588:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 22:01:41.71

徳永「あー!間に合ったぁぁぁ!!!フゥ~」
清水「ハァッ・・・ハァ・・・りゅ、留年回避だねw」
菅谷「なんだ徳永くんハァハァ言って。大江先生でシコってきたの?」
徳永「ァンだとコラこのインキンオナニー小僧が。おめぇは鈴木でシコってろ」
熊井「ばかばっかり」
夏焼「つ・ぐ・な・が」
嗣永「わ、わ!はいぃ!?」
夏焼「ぼくをおかずにするのはやめてよね」
嗣永「あわわ!ごめんなさい!」
夏焼「え・・・冗談で言ったのに。困ったなぁ・・・w」
徳永「ホモヤロー机に突っ伏しちゃったぞw」
夏焼「ごめんね嗣永w」

夏焼「どうしよ熊井くん」
熊井「おれは関係ねえもん」
夏焼「なんか、ごめんね熊井くんw」


     598:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 23:07:23.33

梅田「お前の目は、節穴か?周りを見てみろ」

徳永「ど、どうして水が・・・、しまったここはプール跡だったんだ・・・・」

梅田「テコンドーは足技主体の攻撃。水の中では、羽をもがれた蝶と同じ
                    どうだ、足を上げることさえ出来ないだろう・・・・。」

徳永「くそッ、どこまで卑怯な奴らなんだ・・・・」


梅田「(しまった・・・・。カポエラも足技主体だった。しかもステップすら踏めない・・・)」


梅田「じゃあな、徳永。お前は、このまま風邪引くといい・・・・」

徳永「クシュンッ!まったく 酷い目にあったぜ。
      これが昨日、俺の身に起こった災難って奴よ・・・・」

清水「   ・・・・・・
嗣永           」


須藤「(梅田か・・・、恐ろしいい奴め。俺が泳げないとばれてなければいいが・・・)」




     615:名無し募集中。。。 2009/06/07(日) 23:56:48.16

須藤「お前は何故寂しそうな目をして笑う」
萩原「るせぇッ!何言ってんだ糞がッ!」ヒュンヒュン

ナイフが風を切る音が響き萩原の手が残像を残す
笑いながらナイフを扱う様はまさにピエロそのもの

須藤「凶器を手にとって暴れるヤツは追い詰められている状況にある
    それでもお前は笑っている…気がおかしくなった訳でもないだろう」スパッ
萩原「ハッ!よそ見してっとケガすんぜ!」

避け損ねたナイフが須藤の前髪を切った
須藤は気にも留めずある行動に出た

須藤「…お前とは話し合うべきだとゆいたい」ザクッ!
萩原「な…お前、何して」
須藤「やっと捕まえたとゆいたい」ゴッ!!

振り下ろされたナイフを左の掌で受け動揺した萩原の襟元を掴み
上体を大きく反らせたかと思うと次の瞬間鈍い音が轟いた
崩れ落ちた萩原の額は赤く腫れ上がっている

徳永「うへぇ~、痛そう…って清水お前!何チビってんだよ!」
清水「ふぉえ…」ジョワー


     688:名無し募集中。。。 2009/06/08(月) 02:44:55.93

2/2

清水「お取り込み中、悪いんだけど、・・・・・・お代は750円だって・・・」


熊井が手をついた壁には、一枚の張り紙が・・・・

「   焼きそばパンは、 お一人様 3つまで    」

今日は、熊井が焼きそばパンを奢ってくれるらしい。
熊井が買い占めるので、購買部の焼きそばパンは一人で買えるのは3つまでとなっていた。

熊井、徳永、清水がいたのだが・・・・、徳永は例の件で、一ヶ月の購買部立ち入り禁止。

そこに職員室からの帰り道に、通りがかった須藤が合流したと言う

休み時間の購買部でのお話でした。



石を投げないで~


     762:名無し募集中。。。 2009/06/08(月) 18:08:06.82

熊井「サンタさんはお父さんだろうがw」

徳永「!!!」

嗣永「ちょ、ちょっと熊井くん・・・」

夏焼「本当にKYなんだから・・・」

清水「徳永の家族構成は・・・」


     787:名無し募集中。。。 2009/06/08(月) 19:15:43.47

徳永「清水~水~・・・」

嗣永「えっ?」
夏焼「えっ?」
須藤「えっ?」
菅谷「えっ?」
清水「えっ?」
熊井「?」

徳永「ち違っ!別にダジャレとかじゃねーし!いやまじで!おい笑うなよ嗣永!」


     814:名無し募集中。。。 2009/06/08(月) 22:04:06.60

 >>792
徳永「たいせいさん奥さんに逃げられたって本当っスか」

嗣永「徳永くんまずいよ触れちゃあ たいせいさん気にしないでください」

清水「ニヤニヤ」


     966:名無し募集中。。。 sage2009/06/10(水) 01:38:51.70


清水「み、み、見せてあげようか・・・」


     969:名無し募集中。。。 2009/06/10(水) 01:45:46.80

銭湯にて

清水「あれ?みんなどうしたの?入らないの?」ゴゴーン

須藤「か、勝てねえ…」
熊井「比率がおかしいだろアレ…」

徳永「外人クラスや…」
夏焼「……」

嗣永(ゴクリ)

菅谷「なあ、俺はやっぱり入っちゃ駄目なのか?」ポリポリ



     972:名無し募集中。。。 sage2009/06/10(水) 01:53:01.17

銭湯にて

清水「こんばんはー」

梅田「並だな」



夏焼「……」
熊井「……」


     974:名無し募集中。。。 2009/06/10(水) 02:02:27.69

道重「さあて、そっちのちんこいお兄さんもひんむいちゃおうかしらw」

清水「や、やめろぉ!」
夏焼「そ、そこにあるのはあんたの望みの品じゃない…全然可愛くない大蛇だ…」

道重「うぐっ!美しくないわね…ちょっとやる気なくなったわ、パス」

亀井「えー?めんどくせー…殺せばいいの?」