※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



QBでの移動


AC4は通常B(ブースト)での移動は遅いため、主にQB(クイックブースト)で移動をします。
状況に合わせてENの無駄のないように使いましょう。


基本的なQB

左スティックとの併用で前後左右にQBをする事ができます。
前QBは左スティックの入力なしでも行える事を覚えておきましょう。


地上でのQBは通常Bを前後左右いずれかにしている場合、滑るように移動します。
速度はそれなりに出ますが、EN消費が高いうえ回避にはあまり向いていません。
主に地上から攻める時に使う事になります。

地上で通常Bをしていない場合はブレーキがかかり移動量は減ります。
しかし速度変化が大きくなるので回避には向いています。
素早く左右に繰り返すと高い回避力を得る事ができますが、消費ENに注意しましょう。

地上で通常BをせずにQBした時、ブレーキ動作に入っている間に
右スティックで視点を左右いずれかに動かすとDT(ドリフトターン)ができます。
ENを使わずQTのような動きができますが、
安定して出すのは難しいため無理に狙う必要はないでしょう。

地上で通常Bのボタンは長押しすると通常Bを使った垂直上昇になり、
押してすぐ離すとジャンプ動作になります。
押してすぐ離してからQBすると一気に飛び立つ事ができます。
地上からの連続QBの起点になる動作なので必ずできるようにしておきましょう。


空中でのQBは通常Bを前後左右いずれかにしている場合、
緩やかに高度変化をしながら移動します。
EN消費が非常に高いうえ、回避にはあまり向いていません。
通常Bの出力も足されはしますが、してもしなくても速度はあまり変わりません。
そのうえMBの垂直消費EN+移動方向に応じたブースタの水平消費ENが共に消費されるため、
通常はあまり行うべきではないQBです。

空中で通常BをせずにQBした場合は落ちながら移動します。
落ちながらのうえ速度変化もあるので回避に向いています。
素早く左右に繰り返すと非常に高い回避力を得る事ができますが、消費ENには注意しましょう。

空中で通常Bを方向を入れずに行いながらQBをすると、
通常Bで上昇するよりも高速で移動しながら高度を上げる事ができます。
前後左右のQBに加えQTでも行えるので、空中で高度を維持もしくは上昇しながら
移動したい場合や上から攻める場合、相手の攻めを高度を取っていなす場合に使えます。
前QBで行う場合は簡単ですが、横や後QBで行う場合はQB入力後にすぐ
左スティックから指を離すようにすると行いやすいかと思われます。


連続QB

単発QBでの速度では攻めれば的になり引いてもすぐに追いつかれます。
連続QBを行う事でより速く移動する事ができます。

QBの噴射時間中に別の方向のQBをする。
これを繰り返すと連続でQBを行う事ができます。

連続QB中に前後左右の通常Bはあまり速度も上がらない上に
消費ENを増やすだけなので行わないようにしましょう。
連続QB中に高度を上げたい場合は前後左右の入力を行わない通常Bを使用します。


以下がよく使われる連続QBです。

■ 前横前
主に相手との距離を詰める時に使われる3連QBです。
移動距離が足りない場合は前横前横前の5連QBに回数を増やす事になります。
前QBは左スティックの前入力が必要ないので、左スティックは横だけ押していればOKです。

■ 前横前QT
上記の前横前の連続QBの後、相手と交差する場合に使用する連続QBです。
QT後に横QBを行うと相手が180°のQTをしてきた場合に距離が近ければ見失ってくれます。
相手の真上を抜けるのは簡単に対処されやすいので注意しましょう。

■ 横前横

■ 横後QT

■ 後横後

まだまだあったはず……。

二段QB