半値幅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山形の関数の広がりを表す指標。
半値全幅(FWHM)と、半値半幅(HWHM)とがある。

<定義>
f(x)を、ベースライン関数b(x)と局所応答関数g(x)の和で表す。

  f(X)=b(x)+g(x)

十分大きい(小さい)xに対しf(x)=0なら、b(x)=0とみなし、

  f(x)=g(x)

関数の極大値をgmaxとすると、あるx1,x2(x1<x2)で

  gmax/2=g(x1)=g(x2)

このとき

  FWHM=x2-x1
  HWHM=(x2-x1)/2