※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横溝参悟

最初は埼玉県警、後に静岡県警に転勤した警部。年から考えてキャリア組。

作中で一番最初に出てきた地方刑事であり、東京以外の事件はこの人が出ることが多かった。(最近は出番が減少中だが…)

髪型が名前の通り珊瑚のようになっているものの、全く泳げない。そして、無駄に声がでかい。

頭はいいのだが、初登場の話で小五郎inコナンを目撃してしまったのが運の尽き。

以降は小五郎信者となってしまい、「頭はいい」という設定はどこか遠くのものになっている。

当wikiでは…

地方警察はみんなまとめられて語られることも多い為か、この人の言及も少なめ。

声のでかさは威圧感与えているのか部下にあまり快く思われてない。

横溝重悟

神奈川県警警部。参悟の双子の弟で、髪型も兄とは違い、坊主頭。

髪型以外にも兄とは正反対なところがあり、理論型の兄とは違って直情型なところがある。

そして何より小五郎信者の兄とは違って小五郎の事は信用していない。そしてそれこそが正解である。

当wikiでは…

兄貴と比べてもかなり書き込まれることは少ない。

ただ、兄を馬鹿にされると黙ってられないようではある。

山村ミサオ

群馬県警の刑事。通称へっぽこ。

初登場時は現場も初めての新人刑事だったのだが、何をどう間違ったのか最近は警部に昇進した。(たぶんコネ)

地方警察の中でもダントツで推理力がザルで、犯人を安易に幽霊や宇宙人のせいにしては周りを呆れさせる。

横溝兄ほどではないが毛利小五郎ファンであり、小五郎とは名コンビ(と自分で思っている。)

コナンの麻酔銃の餌食になった回数は毛利小五郎、鈴木園子に続いて第3位。

しかも彼の場合は周りに小五郎や阿笠博士がいても犠牲になる。たぶんコナンもこいつの口を黙らせたいだけなんだろう。

当wikiでは…

地方警察の中では言及されることもダントツ。もちろん悪い意味で。

そして本人もたまに書き込んでいたりする。もちろんいい方向にはいっていない。

綾小路文麿

京都府警警部。白鳥任三郎の同期であり、彼もまたキャリア組。公家口調のせいか、あだ名はおじゃる警部。

常にシマリスを連れており、彼が一番の親友と語るその姿は、度々(というか吉田歩美に)他に友達がいないと誤解される。

劇場版のみのキャラクターだったが最近はアニメオリジナルエピソードに出てきたりと存在感を強めてきている。

そして劇場版初登場刑事という身分からか、この人も毛利小五郎から犯人扱いされるという洗礼を受けることに。

当wikiでは…

シマリスとおじゃるの刑事ということで京都では有名。

そしてみんなが歩美ちゃんみたいなことを思って過ごしている。

大和敢助

長野県警警部。

事件の最中に巻き込まれた雪崩によって足と目を悪くしてしまい、今はほとんど杖生活。

その見た目と乱暴な口調のせいで妙に周りに威厳を与えており、幼馴染の上原由衣刑事以外とはほとんどつるまない。

見た目と正反対に頭は良く、毛利小五郎を牛耳ってるのが江戸川コナンであることも見抜いている。

とはいえその直情的な性格で損をすることもあり、これまた幼馴染の諸伏高明刑事とは何かと張り合いながら勝てたことは少ない。

当wikiでは…

登場回数は少ないので当然といえば当然なのだが、ほとんど語られることはない。

でも地方警察の中では一番の信頼感はある様子。