【イナゴ鬼女】 クレームストーカー問題 【ネットイナゴ】 蝗害(こうがい)とは

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蝗害(こうがい)とは、相変異を起こす一部のネットイナゴ大量発生による災害のこと。

またネットイナゴの群生行動を「炎上」「集団ヒステリー」「ネットリンチ」「サイバーカスケード」とも呼ぶ。
群生行動をしているネットイナゴは、VIP板やニュース速報板などに限らず、
全てのネットコミュニティ上に発生し草類を数時間のうちに食べ尽くしてしまう。
当然、SNS・掲示板の表現生産はできなくなるため、被害地の住民は深刻な飢饉に陥いる。
大量発生したネットイナゴは大量の卵を産むため、数年連続して発生するのが特徴である。
日本を含む大抵の国では、法制度の不整備により、現在も局地的に発生し大きな被害を出している。