各国性犯罪一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「犯罪率統計-国連調査-(2000年)」による犯罪率統計
10万人中犯罪が何件あるかの資料である。
資料は1999年と2000年のものである。

世界の強姦(レイプ)発生件数

世界の強姦(レイプ)が多い国順
  1. 南アフリカ共和国 123.85件
  2. スワジランド 121.24件
  3. オーストラリア 81.41件
  4. セシェール 78.79件
  5. カナダ 78.08件
  6. パラグアイ 57.35件
  7. ジャマイカ 49.53件
  8. ドミニカ 32.88件
  9. アメリカ合衆国 32.05件
  10. アイスランド 25.98件

備考

アジア各国
アジアは性犯罪が少ない。元々、「精力が弱く性欲も弱い」という体質によるものとの見方がある。
  • 日本 1.78件
  • インド 1.55件
  • 韓国 12.98件
  • 中国 2.84件
  • 中国(香港) 1.53件
  • タイ 6.62件
  • トルコ 1.93件

ヨーロッパとロシア
多い地域と少ない地域がある。イギリス、スペイン、フランス、ノルウェーなどは日本の約10倍の多さである。
  • イギリス 16.23件
  • ロシア 4.78件
  • スペイン 14.34件
  • フランス 14.36件
  • アイスランド 25.98件 (世界ワースト10位)
  • ウクライナ 2.33件
  • ノルウェー 12.36件
  • ハンガリー 5.89件
  • ドイツ 9.12件


児童ポルノ

ここでは児童ポルノ関連を載せます。
新しいページを作ろうかと思いましたがこのページにまとめて載せます。

児童ポルノの需要状況を示すデータは、イタリアの児童保護団体のレポートによると、
2007年における小児性愛者サイトのユーザー・訪問者の割合は、
アメリカ 22.82%
イギリス 7.02%
フランス 3.56%
ドイツ 14.57%
イタリア 6.14%
カナダ 3.16%
ロシア 8.39%
日本 1.74%
となっている。

児童ポルノの供給状況を示すデータは、
イギリスのインターネット監視財団IWFのレポートによると、
2006年における児童ポルノサイトのホスティングは、
アメリカ(62%)、ロシア(28%)となっている。

なお、児童ポルノの二大消費国としてアメリカに加えて日本が取り上げられることがあるが、
その統計的な根拠は明らかではないことを日本政府も認めている。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/007316920080410003.htm


児童保護団体のレポート リンク切れのようですのでリンク除去。
インターネット監視財団IWFのレポートもリンク切れのようですのでリンク除去。

この児童ポルノの記事の出典はウィキペディア。


日本に児童ポルノが多いという大嘘。この資料が示してくれてます。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。