@ウィキモバイル @wiki検索

ダブルクロスリプレイ・ウルトラWiki

トップ | メニュー | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

用語集


エフェクト

DXの代名詞にして、超能力厨ニバトルを再現する重要なファクター。
大抵はコンボ名を叫ぶので、GMにデータを伝えるときだけ名前が重要になったりする。
しかしウルトラの面々がなんとも不可解なPTなせいで一般性のない解説になってしまいます。白兵も射撃も第一話に居ないって……

エンジェルハィロゥ

正義の味方は光るらしい。
光を操るシンドローム。光量の操作なので闇もお手の物。
がピカピカと戦場を走りまわるので目立つことこの上ない。
初回プレイでは課長共に使用したが、リビルドで陽の目を見なくなった。
とはいえ弱いわけではなく、貴重なシーン攻撃スキル。
倍率5の素敵火力スキル。シナリオ3回なので《ライトスピード》との相性も良好。
ただが取るには火力過多で、課長が使うには《死神の瞳》の追加効果が邪魔をする。
メインプロセス中隠密化。
《自動触手》《時の棺》封じに役立つが、同時に《妖精の手》とか《勝利の女神》も弾くので一長一短。工作員らしいエフェクトではある。
初ターンのみ倍率10で行動値を上げるセットアップエフェクト。
《スピードスター》のせいで《マシラのごとく》涙目。《ライトスピード》との相性も良。
の真のメインウェポンにしてキャラ設定の要。
ダイスを【感覚】に合わせることで高行動値RCキャラを実現する。
経験値10点がダイス+1、行動値+2、ついでに攻撃力+2になっちゃったりするのだが、エフェクトに点回したほうが良いかも。
《孤独の魔眼》と並ぶ対象操作エフェクト。
対象を一人にするが、こちらで選ぶことは出来ない。
大抵の場合は誰を選ぼうが紳士が《命のカーテン》で飛んでくる。
凄い光って相手の目とダイスを駄目にする80%切り札。
ピュア超血統がフラッシュゲイズと叫ぶとダイスが16個消えていく。このスキル対策にボスのダイスが40個とかになったりすると本末転倒感も。
数少ない反射エフェクト。
「ダメージ」を返すため非常に軽減されにくい。

バロール

重力を操る”魔眼”を持つシンドローム。厨ニ。
ICではついに魔眼を飛ばした。覇王幻魔眼()
課長が所持。今のところ《時の棺》しか活躍してない。
敵の範囲攻撃を自分単体に変更した上で吸い寄せる。
事実上のカバーリングとして働く上に範囲攻撃も無効化するので一石二鳥。エンゲージ管理が大変なのがネックか。
1度だけ敵の行動を潰す。
時を止めるらしいが、演出によって影に喰われたり風に飲まれたり色々描写される。
バロールの代名詞にして最大の切り札。
自動成功するのでダイスの悪い課長でも安心。
物凄い引力で敵をエンゲージに引きずり込むエフェクト。
《時間凍結》辺りからばらまいて範囲攻撃に巻き込んだり、人質を引っ張ったり。
黒犬の《マグネットムーヴ》もあわせてエンゲージをゴチャゴチャと。
重力でごにょごにょして命中時に硬直を与える。
動けずに白兵が泣いたり、《虚空の陥穽》辺りと組み合わさってでかい的が出来たりする。撤退戦に強いとか。
命中時に相手のリアクションを封殺するスキル。
状態異常ではないので対策されにくいところがメリット。
ダイスが比較的少ない面々でもこれがあれば安心。名前は厨ニ。
倍率3でダイスペナルティをかけるバロールの奥義。
100%制限なので実質12個ダイスを減らすがやはり対策されやすいのがネック。
どこでもドアを作るイージーエフェクト。
侵食値が3も上がるだけあって、どのシーンどのタイミングでも絶大な威力を発揮する。
工作員が持ってるせいで怪しい感じのスキル。FH向けのような気もする。
四次元ポケットを作るイージーエフェクト。
ディメンジョンゲートとこれのせいでバロール=猫型ロボットの図式が。

ブラックドッグ

雷と機械を操るシンドローム。
全体的にバランスが良く、どんな組み合わせにも活きる使いやすいスキル群。
イージーエフェクトも個性、実用性共にバツグン。
PCでは男の娘
一度だけダイスを12個まで増やす100%制限の切り札。
如何にも少年漫画的な「覚醒」イメージのスキルだが、いかんせんシナリオ1回がきつい。
そもそもウルトラの面々はデバフ・バフ共に豊富でダイスがそれ程重要で無いのも要因でいまいち使いづらい。
特殊な専用武器をレベル個数内蔵していくエフェクト。
とはいえあくまでデータなので、「パンチの威力を上げる武器なんです!」と主張しても良い。
ICで分けのわからない追加アイテムが出たせいでやたら強くなった。
3回まで相手の防御をぶち抜く80%の切り札。
ブラックドッグ火力の代名詞的存在で、安定した固定値をそのまま叩き込める。
磁力でイニシアチブにエンゲージ操作するスキル。
10~30mに干渉できるのでシーン内の大抵の人は引っ張って来られる。メジャーを使わないのでムーヴ→カバーリング、なんてことも出来る。《マグネットフォース》でもいいけど。

ブラム=ストーカー

かっこいい。

キュマイラ

自らの身体を変化させる、攻撃に長けたシンドローム、なのは一般的な話。
ウルトラでのキュマイラは攻撃をするどころか攻撃されないと気が済まないド紳士のみ。
倍率LvDのガードスキル。
防御系キュマイラはたいていこれを持ってる。朱香と九十九しか見たことないが。
味方を庇うリアクションエフェクト。同義語にマグネットフォース、炎陣など。
範囲攻撃からロイスを一つ守るとても偉いエフェクト。
筋肉の隆起でHP・状態異常を回復するエフェクト。
なんとか盾を抜けてダメージやら異常を与えても、行動値0でこいつを使われて振り出しに戻る。
というかマゾはメジャーですることが他にないし。
倍率10で装甲を跳ね上げるエフェクト。
装甲値自体抜かれやすいので過信は出来ないが、ザコからはダメージを受けることがまず無くなる。
倍率5でHPを跳ね上げるキュマイラの切り札?同義語に異形の刻印。
HP自体軽視されがちなダブルクロスだが限度はある。

ハヌマーン

波と風を操るシンドローム。
取得者は。彼女が神速の担い手持ちなせいで単なる火力シンドロームに見えるが、実際は補助に切り札にと組み合わせで光るシンドローム。
ハヌマーンの基本スキルにして最悪の切り札。
装甲値無視+シーン攻撃で倍率3という訳のわからない効率を誇るが、侵食5、コンセ不可とデメリットも並ぶ。
これと《疾風迅雷》しかしないハヌマーンピュアが横行したとかしないとか。
対象の固有振動数を操作して崩壊させるハヌマーンのエフェクト。
言っていることが物騒すぎて忠実に再現すると唯のグロテスクなパニック物になる。
倍率1だが装甲無視なので単純に強力。
倍率10を誇る80%切り札。ダイスが5個減ってしまうが、たいていは妖精の手が飛んでくる。
強いのだが回数制限のせいで《ライトスピード》とは合わせづらい。
クリティカルを1下げる100%切り札。
最低5なので《アドヴァイス》《コンセントレイト》3で馬鹿火力が完成する。
同じく回数制限のせいで《ライトスピード》とは合わせづらい。
命中時重圧を与えるRCエフェクト。
強いのだが、そもそもボスにはたいてい《状態復元》あたりで対策されるので、状態異常自体がやりづらいといえばやりづらい。
[LV+1]Dの「ダメージ」を軽減する80%切り札。
レベル1の時点で10強弾くので、上限の低いウルトラの面々ではたいてい生死の境目になる。
攻撃自体を減らす《ミスディレクション》や守護者などとの相性はそこそこ。
メジャーで倍行動を可能にする100%の切り札。
の代名詞にして、彼女がジャームに一番近い所以の物でもある。
無効化エフェクトにも強くハヌマーンらしいエフェクトだが、如何せん侵食値が重い。宣言=二倍振り。
侵食2、最大レベル5、範囲:視界を誇る「オート」ダイスサポート。《援護射撃》涙目。
自分にも打てるので普通のダイスサポートより使いやすい。

ノイマン

このシンドロームを語るのに素晴らしい言葉を発見したが、残念ながら其れを語るには余白が足りない。
クリティカルを下げダイスを増やす助言をしてあげるエフェクト。
一般的な補助エフェクトだが、大抵《要の陣形》で3人に飛んで敵陣が大変なことになる。
時空を超えてGMに質問するノイマンの奥義。
推理系ミドルフェイズの〆には大抵こいつが使われる。
しかしウルトラのPCは変な女変な男(?)しかノイマンを持っていない。というかUGNが情報収集苦手すぎるだけだとも言う。
《光の手》の精神バージョン。
単体で強いわけではないが、ノイマンの能力配分的にはダイス+3くらいと同じ効果があるので十分強力。
レベル個のダイスをシーンに飛ばす。
《要の陣形》に囚われずに出目を安定させられるが、大抵《勝利の女神》辺りを打ったほうが安定する。
戦闘以外全ての場面でクリティカルを下げる凶悪スキル。
「レベル上げなきゃならないから重いんじゃない?」という疑問はコンセと組み合わせることで解決する。
《コンセントレイト》2《天性のひらめき》で下限7に届き、すごい服やアルティメイド服が量産される。
二刀流を可能にするエフェクト。
いっぱいハードワイヤードしたりレールガン二本持ったり。後はモルフェウスがいっぱい剣を作ったりとか。
単体攻撃を攻撃で返す80%の切り札リアクション。
ロマン溢れるが使いづらい。後述のラストアクションでいいよね。
死に際に一撃を加える100%の切り札。いわゆるファイナルアタック。
範囲攻撃で殲滅したと思ったらこいつが飛んできて結局殺されたりする。
至近距離不可の射撃を至近でぶっぱなせるようになる。ガン=カタ。
大抵射撃するノイマンはリニアキャノンを持ってるので使われない。
散開の指示でセットアップに味方を動かすエフェクト。
肉壁とか遅い補助役とかを動かすのに使われる。
汚い。


オルクス

”領域”を操作するシンドローム。
パッと見何をしてるのか分かりづらいが、ファンタジー的には魔方陣とかそんな感じのイメージらしい。補助の必須パーツ。
ブルマが所持。
で補助が3人に飛んで↓
で達成値が12増える。《アドヴァイス》も合わせて磐石の布陣。
ダイスを減らされて涙目になっていると、転がしたダイスの目すら減らされる。
でクリティカルを増やされて期待値が-10くらいされたり
で味方の期待値は+10される。
で封じたはずのガードキャラがすっ飛んできてこちらの攻撃は防がれ、
が更にかかって味方の攻撃はラウンド毎に20点水増し。
もう許してやれよ。

ウロボロス

厨二こじらせた。
ウロボロスをウロボロスたらしめるエフェクト。
とはいえ侵食効率に重く、同種制限のせいで結局単体ではほどほどの強さといったところ。
クロスの幅が大きくなるのは素敵。
倍率5のHPダメージ軽減。範囲(選択)。
筋肉質なFHエージェントが涎を垂らしてみています。


Dロイス

ディスクリプトロイス。設定集。
タイタス昇華に比べてそこまで強くなるわけでもない物が多い。キャラの設定に裏付けを与えるほうが重要である。
ウルトラでは全員取得。

100%超えると人格変化。
すべての判定のダイスが2個増える代わりにバックトラックのダイスが最終的に1つ減る。
人格の性別も変わるらしい。

何やら起源なウイルスらしい。
ダイス増加が無くなる代わりにエフェクトLV増加が早まる。
ダイス振らないキャラが取るとずるいことになる。

変異種・ハヌマーン。
ラウンド中攻撃力に【行動値】を追加する代わりにリアクションを放棄する。
エラッタ前はシーン制限がなくインチキじみた効果だった。シーン1回になってからも強力は強力。

肉体/社会的な死の経験者。
すべてのダメージから2D10軽減する代わり、バックトラックの最大目が1になる。
取得者が取得者なのでデメリットがデメリットとして機能しない。硬い。


キャラクター

【素晴らしき(ヒィッツカラルド)】
由来はアレ。
毎回毎回ボスを一撃死させるクライマックスブレイカー。GMは死ぬ。
燃費悪い割にEロイス多発のためひょこひょこ帰ってきてる。ジャーム化したら怖そう。

【”影”】
ウロボロスっぽいコードネームだけどバロハヌの課長。
あまりに当たらない上に中身が消失して本物の影になった。
今は月にいてなんか調査してるらしい。

【”被虐紳士(ザッヘル・マゾッホ)”】
硬い遅いキモい、の三拍子揃ったFHエージェント。
これでも社会がメンバー最高なんだから世の中狂ってる。
【屍人】たるメイン盾にしてメインタンク、こいつ一人でGMの予定全てをして瓦解せしめる素敵な紳士。最近は家具に化けるのがトレンドらしい。

【The-B】
メイン支援の【起源種】。ブルマを着用して今日も彼女は戦場に踊る。
平気で達成値が2ケタ増えるのでミドルが分けのわからないことになる。
自分の侵食値も増えるだけ九十九よりはマシといったところだろうか。
何故か課長のロイスを大事にしている。歪んだ愛だとか。

【”新世界より(フロム・ヘル)”】
《イオノクラフト》で飛び回りながらあっちやこっちへバシバシ殴る【戦闘用人格】なお方。100%超えるとおにゃのこになる。
クールに戦うのに師匠は変態。「美しさを宇宙人に魅せつける」とか言ってるあたり本人もアレっぽい。



リンク


他のサービス





ここを編集

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら








関連語句: 白兵 不可解 切り札

美容室予約ならヘアサロン@pedia
リラクゼーション情報サイト
中古車情報なら自動車@pedia
グルメクーポン情報サイト
PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]